タグ:映画 ( 3 ) タグの人気記事


火垂るの墓・「泣く、のその先へ」の話

かなり経ってしまったのだが、
アニメ監督の高畑勲(たかはた・いさお)さんが
お亡くなりになった。

追悼企画としてテレビ放映された
「火垂るの墓」を、10何年かぶりに見た。

子ども時代に一度見て、あまりにも怖くて、つらくて、
また見直すことが、できないでいたのだった。


(以下、映画『火垂るの墓』について書いていきますが、
 もし見てない人がいたら、
 こんなブログは読まなくていいので(超絶、ネタばれですし)
 ぜひ、映画を見てください。本当におススメです。)


さて、大人になって改めて見てみると、
本当に様々な発見のある映画だった。

一番大きかったと思ったのは、
子ども時代に強烈に思った、
「このババア…。ぜってぇー、ゆるせねー…。」
という点。

戦時中、主人公と妹(節子)は、空襲で身寄りを亡くす。
仕方なく、知り合いのおばさんの家に疎開し、
難を逃れようとする。

おばさんは、最初こそ、愛想よく迎えてくれるのだが、
戦況は悪くなり、食料事情も日に日に悪化。
主人公と妹に対して、段々と冷たい態度をとるようになる。

主人公が、母の形見の着物と交換に手に入れた米も、
大部分をおばさんがあずかることに。

おかゆをよそうとき、二人には米はちょっとしか与えず、
自分の家族(夫、娘、息子)にはしっかりよそうなど、
目に見えて「居候に迷惑している」というような態度をとるようになるのだ。

このシーンをよーく見ると、おばさんの娘はこの状況に気づき、
羞恥心からなのか、一瞬だけ顔を赤らめる演出がなされている。
e0126903_20301251.jpg
e0126903_20301951.jpg
時間にして1秒に満たないくらいのカットなのだが、
高畑さんの演出への細かい気配りが、垣間見えるシーンだ。

この後、兄妹は家を出て、防空壕での二人暮らしを始めることになる。

この場面を改めてみて思ったのは、
なんというか、このおばさん、「普通の人」だったのか…
という「怖さ」だった。

子ども時代の自分は、このおばさんを
「異常に冷酷な人」と思ってみていた。

でも、高畑さんはそうは思っていないだろうし、
実際、そうじゃないだろうと思う。

つまり、こういうことだ。
同じ状況だったら、自分も、同じことをするかもな、ということなのだ。

このおばさんも、食べ物のたくわえが乏しくなかったら、
戦争じゃなかったら、
別にこんなことはしなかっただろうと思う。

「普通の人」が、こういう状況になったら…という、
ある種の「シミュレーション」なんだと思った。

子どものころに抱いた「異常で怖い」という印象。
でも、実は「普通」を描いているからこそ、
もっともっと心の底が冷えるような怖いシーンになっているし、
「戦争」という一面を、具体的に描くことに成功しているのだと思った。


もう一つ、びっくりしたのが、
そもそものこの作品の「構造」。

実はこの映画、主人公の亡霊が、
妹と自分のいきさつを、
時空を移動して見届ける…という構造なのだった。
(回想ではない。兄の亡霊が改めて痛々しい状況を見届ける映画なのだ。)

それを意識しながらみると、
本当にもう子どものころとは違う意味で、
”泣ける”映画だなあ…と思ってしまったのだが、
ここで、高畑さんは言うのだ。

泣いてなんか欲しくない、と。

その意味を知ったのは、
「この世界の片隅に」の監督であり、
高畑さんとともに仕事をしてきたという
片淵須直さんがゲストだった。
(リンクから全部聞けるので、
 興味ある方はぜひ聞いてみて欲しいです。)

片淵さんによれば、ある日、高畑さんを取材に来た記者が
「ファンなんです(にっこり)」と言うと、高畑さんは
「ファンに用は無い」と追い返したという(!)。

一見、偏屈なおじさんのようにも思えるこのエピソードなのだが、
実は、高畑さんには、自分の作品を見る時に、
視聴者に求めることがあったのだという話が続く。

「火垂るの墓」を見たスタッフが、高畑さんに
「泣けました」と感想を言うと、高畑さんは怒ったらしい。

「泣いてる場合じゃない」と。

泣いたら、「かわいそう」で思考は終わってしまう。
泣いてないで、もっと、その先まで考えながら見てほしいんだと。

高畑さんは、制作者にはもちろん、
視聴者にも、厳しいレベルを求める人だったと、
片淵さんは語っている。


満員の電車の中、
ポッドキャストでこの回を聞いていて思い出したのは、
「火垂るの墓」のラストの演出のことだった。

これも、子どものころ見たときには、
まったく気づかなかったことだった。

ラストで、亡霊となった兄妹は、
ようやく再開を果たす。
e0126903_20420731.jpg
カットが切り替わり、兄がみつめていたものが画面に映し出される。
e0126903_20421644.jpg
戦争を忘れた、現代の都市。

もうこの時点で、
そ、そんな映画だったのか…と衝撃を受けたのだが、
もう一度、カットが変わる。
e0126903_20425843.jpg
さっきと同じカットのようにも思えるが、
兄の視線の方向が、よく見ると少し変わっているのがわかる。

街ではなく、そこに住む人々、
テレビの画面の「こちらがわ」にいる、
わたしたちを見つめているのではないか。

「平成たぬき合戦」でも、最後にたぬきの主人公が、
「わたしたち」に語り掛けてくるラストシーンがあった。

きっとどちらも、
泣いている場合じゃないよと、
「その先」を考えるよう促しているのだと思う。



高畑さんは、制作者にはことさら厳しいレベルを要求した。
その一つが、「主人公と同じレベルにいたらダメだ」ということだったという。
泣きそうな主人公を描くとき、むしろ笑えるように描いてみる。

そういう「客観視」によって、
見る人に伝わる何かがあるはずだと信じていたのではないかという。

高畑さんと現場をともにした、
監督の片淵さん。
特集番組のラストを、こう締めくくっていた。

「僕は一生懸命、”笑える戦争映画”として『この世界の片隅に』を作って、
 そしたら、高畑さんは最後に

 『エールを送ります。』

 その言葉は、直接聞けなかったんです。
 人づてに…エールを送りますって伝えてくれって言われて。
 それが僕が高畑さんからもらった、最後の言葉ですね。」


画像はすべて、映画『火垂るの墓』より引用。スタジオジブ制作。
2018年4月13日「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ)放送回をテレビ画面接写。

[PR]
by ton2_net | 2018-06-03 21:45 | おすすめ作品 | Trackback | Comments(0)

8月6日の「シン・ゴジラ」

きょうはおやすみ。
引っ越して来たばかりの東京の新居の周りを、
自転車でまわってみる。

すると、近くに映画館付きイーオンを発見。
せっかくなので、気になっていた
「シン・ゴジラ」を見てきました。
e0126903_23160705.jpg
結論からいうと、大変良かったです。
脚本・総監督は「エヴァ」の庵野さん。
あいかわらず、「科学的な装置の美」の見せ方が本当にうまいなあと思う。

むかし、研究関連でお世話になっていた
高エネルギー加速器研究所(KEK)で、
研究者の方にある印象深いお話を聞いた。
なんと、「エヴァ」を作るにあたって、
庵野さんがKEKに見学に来た、というのである。

研究者の方は、
もちろんメインの大きな装置について説明しようとするのだが、
目を離すと庵野さんは、地面を這う極太ケーブルなんかを
写真におさめていたという。

「エヴァ」を最初みたとき、
電線とか信号機とか日常の「装置」に加えて、
基地の中のケーブルとか、
意味不明のプログラムが映し出される画面とか、
「なんか科学チックなもの」、
「意味はわからないが美しい(orかっこいい)もの」を
大切にしているなあと思った。

今回の作品でも、それが存分に活かされている。
印象深いのはスーパーコンピューターの場面とか。

あと、「あの音楽」を共通して使ってるのが、
個人的に、すごく良かったですね。笑


で、もう一ついいなと思ったのが、
原作の「ゴジラ」をリスペクトしているなと思ったこと。
リスペクトする、ということは
その「哲学」を受け継ぐということですね。

有名な話なんですが、
ゴジラって、元々核実験のために生まれた生物、という設定らしいです。

幼少の頃、なぜか(経緯をまったく思い出せない)
実家の近所の映画館で
「ゴジラVSメカキングギドラ」を観た。
やたら音がうるさくて、こわくて、
ずっと耳をふさいでいた覚えがある。

それなのに、なぜかゴジラというキャラクターに魅了されて、
「ゴジラ大百科」的な本を購入。

そのとき、その出自を知った。

小学生であるから、
当時は、へぇ〜くらいにしか思わなかったが、
年を経るにしたがって、そ
ういう「メッセージ性」がある作品なのだなあと思った。

作品では、作中、
「ゴジラに核兵器をもちいるか否か?」という葛藤が描かれる。
(大体映画ですごいの(エイリアンとかなんとか)が出て来ると
 核を使おうとしますよね…。)
その中で、被爆後の広島・長崎の画像が(どちらも3秒ほどずつ)出て来る。

8月6日という日にこの映画をたまたま見たことに、
少しはっとする思いだった。

元々、「核兵器」というものの恐怖を具現化したゴジラ。
それを、うまく、裏テーマ的に描いているなと思った。
しかも、2011年を経験した今だからこそ、描ける形で。

エンターテイメントとしても面白く見ました。

広島を離れて丸3年経ちました。
ちょっと、色々と忘れていたなということを、
色々と思い出しました。

すごく遅くなってしまったけど、
これを書いたら、少しだけ黙祷して床につこうと思います。

[PR]
by ton2_net | 2016-08-06 23:15 | おすすめ作品 | Trackback | Comments(0)

原付に乗りたくなる映画

『人のセックスを笑うな』という映画を見た。
好きなのだ、という後輩から借りたのである。

面白く見た。

それで、なんとなく思ったのが、
きっと制作者の意図とはまったく違うだろうけど、
「原付っていいよな」
ということだったのである。

一言で言うと、内容としては、
永作博美と付き合った挙句、
蒼井優に嫉妬されるというハイパーシチュエーション映画である。

その途中、田んぼの真ん中(と思われる)のバス停で、
なんとなく、主人公(松山ケンイチ)と蒼井優がベンチに座って、
所在なげに、ジュースを飲んだりしている。
蒼井優がすごいなと思うのは、
明らかコイツ、主人公のこと好きだな、と
言外でわかる演技をしているところである。
(映画館の階段の1カット、すごいと思いました。
 「階段の登り方」で「恋」を表現できるものなんですね。)

さて。
で、そこに二人で乗って行ったのが原付なのであった。


それを見て、
懐かしいなあと思った。
原付き乗りたいなあと思った。

大学にいた頃、先輩にもらったHONDAの「ビーノ」という原付に乗っていた。

ブレーキランプは、ゾンビの目玉よろしく配線二本で垂れ下がっており、
スピードメーターの針は、0の位置からぴくりとも動かなかった。

きわめつけは、ガソリンを満タンまで入れると、よく燃料漏れした。
ドラッグレースみたいに、いきなりドカーンと走り出さないかと、
ひやひやしながら運転していたのだった。

…よく無事だったな。


しかし、関東平野の冬の青空の下、
イチョウ並木のひたすら続くだだっ広い道を、
「さみー!!!」
と言いながらカスミ(スーパー)まで食料調達しに行っていた日々を思い出した。


ほとんどの場合、とりとめもないことを考え、
ある時には妄想にニヤニヤしながら、
またある時は、悲嘆にくれながら、
右手のアクセルをひねって、つくばの町を走っていた。

そういう時代もあったのだ、と思わせてくれる映画でした。
永作博美はいなかったけど。

[PR]
by ton2_net | 2015-11-17 00:00 | つくば | Trackback | Comments(0)

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
>blanscheさん ..
by ton2_net at 21:46
私も小学生のとき、帰り道..
by blansche at 15:15
画像一覧
以前の記事
タグ