タグ:原爆 ( 3 ) タグの人気記事


8月6日の「シン・ゴジラ」

きょうはおやすみ。
引っ越して来たばかりの東京の新居の周りを、
自転車でまわってみる。

すると、近くに映画館付きイーオンを発見。
せっかくなので、気になっていた
「シン・ゴジラ」を見てきました。
e0126903_23160705.jpg
結論からいうと、大変良かったです。
脚本・総監督は「エヴァ」の庵野さん。
あいかわらず、「科学的な装置の美」の見せ方が本当にうまいなあと思う。

むかし、研究関連でお世話になっていた
高エネルギー加速器研究所(KEK)で、
研究者の方にある印象深いお話を聞いた。
なんと、「エヴァ」を作るにあたって、
庵野さんがKEKに見学に来た、というのである。

研究者の方は、
もちろんメインの大きな装置について説明しようとするのだが、
目を離すと庵野さんは、地面を這う極太ケーブルなんかを
写真におさめていたという。

「エヴァ」を最初みたとき、
電線とか信号機とか日常の「装置」に加えて、
基地の中のケーブルとか、
意味不明のプログラムが映し出される画面とか、
「なんか科学チックなもの」、
「意味はわからないが美しい(orかっこいい)もの」を
大切にしているなあと思った。

今回の作品でも、それが存分に活かされている。
印象深いのはスーパーコンピューターの場面とか。

あと、「あの音楽」を共通して使ってるのが、
個人的に、すごく良かったですね。笑


で、もう一ついいなと思ったのが、
原作の「ゴジラ」をリスペクトしているなと思ったこと。
リスペクトする、ということは
その「哲学」を受け継ぐということですね。

有名な話なんですが、
ゴジラって、元々核実験のために生まれた生物、という設定らしいです。

幼少の頃、なぜか(経緯をまったく思い出せない)
実家の近所の映画館で
「ゴジラVSメカキングギドラ」を観た。
やたら音がうるさくて、こわくて、
ずっと耳をふさいでいた覚えがある。

それなのに、なぜかゴジラというキャラクターに魅了されて、
「ゴジラ大百科」的な本を購入。

そのとき、その出自を知った。

小学生であるから、
当時は、へぇ〜くらいにしか思わなかったが、
年を経るにしたがって、そ
ういう「メッセージ性」がある作品なのだなあと思った。

作品では、作中、
「ゴジラに核兵器をもちいるか否か?」という葛藤が描かれる。
(大体映画ですごいの(エイリアンとかなんとか)が出て来ると
 核を使おうとしますよね…。)
その中で、被爆後の広島・長崎の画像が(どちらも3秒ほどずつ)出て来る。

8月6日という日にこの映画をたまたま見たことに、
少しはっとする思いだった。

元々、「核兵器」というものの恐怖を具現化したゴジラ。
それを、うまく、裏テーマ的に描いているなと思った。
しかも、2011年を経験した今だからこそ、描ける形で。

エンターテイメントとしても面白く見ました。

広島を離れて丸3年経ちました。
ちょっと、色々と忘れていたなということを、
色々と思い出しました。

すごく遅くなってしまったけど、
これを書いたら、少しだけ黙祷して床につこうと思います。

[PR]
by ton2_net | 2016-08-06 23:15 | おすすめ作品 | Trackback | Comments(0)

翻訳されても、失われないもの

「うちはしあわせになってはいけんのじゃ」。

広島に投下された原子爆弾。
美津江は一命を取りとめながらも、
生き残った罪悪感を抱えて生きている。
自分以外の周りの人は、皆いのちを失ったからだ。

やがて美津江は、図書館に勤め、
原爆に関する資料を集める「木下」という青年と
互いに想いを寄せ合うようになる。
しかし、その罪悪感から、
恋のときめきからも、自ら身を引こうとする。

二人を、なんとか引き合わせようと画策するのが、
美津江の父の竹造であったが、
実は竹蔵は、原爆によって命を失った幽霊なのであった・・・。

e0126903_05515332.jpg

井上ひさしの『父と暮らせば』は、
戦後間もない昭和23年の広島を舞台にした、
二人芝居である。

登場人物は、美津江と父・竹造だけで、
広島弁をふんだんに盛り込んだ会話が
物語の魅力の一つになっている。

読売演劇大賞の優秀賞をはじめ、
数多くの受賞を果たし、
フランスや香港、ロシアなどでも翻訳され、上演された。

新潮社から出されている本は、
その脚本で、セリフとト書きだけで構成されている。


この本の、文庫版の「あとがき」も、
本編に負けず劣らずおもしろい。
まず、「二人芝居」は、
本当は「一人芝居」であるという種明かし。

 美津江を「いましめる娘」と「願う娘」にまずわける。
 そして対立させてドラマをつくる。
 しかし一人の女優さんが演じ分けるのは大変ですから、
 亡くなったものたちの代表として、
 彼女の父親に「願う父」を演じてもらおうと思いつきました。
 べつに云えば、「娘の幸せを願う父」は、美津江のこころの中の幻なのです。
(p110,文庫版)

なるほど・・・。
他の様々な作品も、
こういう観点で読み直してみるとおもしろいかもしれない。
井上ひさしは、これが小説にも詩にも真似できない、
舞台だけでのみ表現可能な、「劇場の機知」なのだと書いている。

つまり、劇場での「仕掛け」。
演出と言ってもいいかもしれない。

井上は、この「劇場の機知」こそが、
「翻訳されても失われないもの」なのだと言及する。

 日本語で書かれた台詞は言葉の壁に突き当たり、
 翻訳という名の壁壊しの作業を通して大幅にその魅力を失いますが、
 劇場の機知だけは、
 まったく無傷のまま言葉の壁をすんなりと通り抜けることができる。
 その機知に異言語の劇場の観客がよろこぶわけです。
(p109,同)

物語のクライマックス、竹造は美津江に語りかける。
「わしの分まで生きてちょんだいよォー」。
父の娘への強い願いでありながら、
被爆者である美津江自身の悲痛な叫びでもある。

この「想い」もまた、
「翻訳されても失われないもの」のひとつだと思う。


今月、オバマ大統領が広島訪問することが決まった。
アメリカの大統領が広島に来るのは、歴史上初であるらしい。

任期間際の政治家が来るだけで、
そう簡単には現状は変わらないかもしれないが、
実際に色々のものを目にして、話を聞く中で、
「翻訳されても失われないもの」の力が、
少しでも世界を良い方向に後押ししてくれることを
願いたいと思う。

[PR]
by ton2_net | 2016-05-05 05:43 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)

茂木さんの英語ブログを訳してみました

茂木健一郎さんの「クオリアジャーナル」:”We need sunshine, not the bomb: The QI incident. ”の訳を書いてみました。

An episode of QI, BBC's popular comedy quiz show hosted by Mr. Stephen Fry has caused an uproar in Japan. In this particular episode, Mr. Tsutomu Yamaguchi, who survived both the Hiroshima and Nagasaki atomic bombs, was introduced as "the unluckiest man in the world". As it was reported that the Japanese embassy made a protest to the BBC and the production company, indignation and anger spread in Japan, as was apparent from television shows, newspaper editorials, and tweets and blogs that followed.

Stephen Fry氏が司会を務めるBBCの人気お笑い番組、QIの話題に関して、日本で騒ぎが起こっている。番組内で広島、長崎両方で原爆被害に遭い、なお生き抜いた山口 彊(やまぐち つとむ)さんを「世界で一番不運な男」などと紹介したのである。日本大使館がBBCと番組制作会社に対してこれに抗議したことを、テレビや新聞の論説が報じ、ツイッターやブログ上でも取り上げられることで怒りが日本に広がっている。

It might be difficult for someone outside Japan to understand the sheer horror and anger associated with the atomic bombs. After all, other nations just imagine how damaging it is. Japanese people, by the turns and twists of history, have actually experienced it. It is not just a fiction or a movie scene. It is a hard reality. In this respect, the BBC and the production company clearly lacked imagination and respect to one of the most traumatic human experiences in the 20th century.

日本の外に住む人が、原子爆弾の真の恐ろしさや(被害を受けたことに対する)怒りを理解するのは難しいことかもしれない。他の国に住んでいる人にできるのは、原爆によってどのような被害があったかを想像することだけである。日本人は、歴史的な紆余曲折を経て、それを実際に経験した。フィクションでも、映画のワンシーンでもない。それは、純然たる事実なのである。この点から言えば、BBCとこの番組制作会社は明らかに想像力の欠如があったし、人類が抱える20世紀で最も大きいトラウマの一つに対しての配慮に欠けていた。

Having said that, I would also like to point out that the outrage came perhaps from a miscommunication rather than an intentional malice. As someone who spent two years of happy and stimulating postdoc days in University of Cambridge, and who have been visiting the U.K. almost annually ever since, I deeply love and respect the British sense of humor. I know Mr. Stephen Fry to be an intelligent, loving, and liberal man. I adore the QI show, just as I admire other Stephen Fry legends like the Blackadder series. How sad that this particular episode of QI caused anger and sadness in my native land.

しかし、この事件は意図的な悪意というよりも、むしろ(二国家間での)コミュニケーションの齟齬から生じたものであるかもしれないことも、また私は指摘したいと思う。Cambidge大学において、幸せで刺激に満ちたポスドク時代を過ごした者として、そして、その後毎年イギリスを訪れている者として、私は深く英国のユーモアのセンスを敬愛している。私は、Stephen Fry氏がいかに知的で、愛すべきリベラルな人であるかということを知っている。QIは私の大好きな番組だし、伝説的なBlackadder seriesのような彼の他の作品も大好きである。私の国で怒りと悲しみをQIが引き起こしてしまったことが、残念でならない。

The British sense of humor means that you confront difficult social issues, sometimes verging on the outrageous. It is like an act of walking on a tight rope. When I met with Mr. David Walliams in Tokyo several years ago, he said that it is always difficult to strike the right code. In creating Little Britain, Mr. Walliams, together with Mr. Matt Lucas, had to seek a difficult balance between being enjoyably provocative and saddening innocent people.

英国のユーモアのセンスは、社会的に困難な問題を聞いている人に突きつける力があるが、時にはやりすぎてしまうこともある。 それは少し、綱渡りにも似ている。 何年か前、東京でDavid Walliams氏にお会いしたことがあった。彼はいつも、適切で的を射た表現は難しいんだよ、と言っていた。Little Britainを作ったWalliams氏とMatt Lucas氏は、沢山の人を楽しませることと、無辜の人を悲しませることになる(ユーモアの)微妙で繊細なバランスをいつも探していた。

Trying to be courageous in comedy making is laudable and reserves all the respect. I know Mr. Stephen Fry has been very courageous and inspiring. Being a pioneer, however, sometimes comes with a price, a point all of us should perhaps appreciate.

コメディーを作る上で、果敢に攻めようとすることは、尊敬に値する。Stephen Fry氏は、勇気と情熱を持って(お笑いに取り組んで)いた。パイオニアであり、時にそれに伴った代償を支払う。(このようなリスクを冒している人に)我々皆は感謝するべきなのかもしれない。

I hope that this incident will start a much needed in-depth communication process between Japan and the U.K. I sincerely wish that what started with a dark cloud of anger would end in a peal of laughs.

私は、この事件をきっかけにして、日本とイギリスの間で更に深いコミュニケーションが交わされることを願っている。私は切に、たちこめ始めた怒りの暗い雲が消え、笑い声が響くことを望むものである。

We need sunshine, not the bomb.

私たちに必要なのは、明るい日差しなのであって、爆弾では決して無い。
[PR]
by ton2_net | 2011-01-22 11:01 | Trackback(1) | Comments(6)

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
画像一覧
以前の記事
タグ