小さいヒトたちの世界

ひきつづき、庭。
お休みということで、なんとなく「畝」をつくってみる。

作り方は簡単。
肩幅くらいの広さ、30cmくらいの深さの「溝」を掘る。
土は、この溝の両脇につみあげておく。

雑草とその根、石を取り除き、
塊になっている土をほぐして、また溝に戻す。

すると土に空気がはいってふかふかになり、
元の地面よりも20cmほど高くなる。

こちらが、完成した畝になります。
e0126903_22151776.jpg
とりあえず、端っこに一筋…。
シソとネギが育つ予定です。わくわく。

それにしても…。

単純に言えば、土を掘り返して、また埋めるという、
言葉にしてしまうと徒労感のある作業なのであるが、
なにか、とても新鮮だった。

一番大きいのが、「土を掘ると生き物がいる」ということ。

だんごむし、みみず、はさみむし、
そしてカブトムシの幼虫らしきヒトたちもたくさんいた。

このカブトムシ幼虫様のヒトは、
シャベルで掘り出してしまうと、
「…もう、なんだよ、うっさいなあ」
という感じでよじよじとまた土の中にもぐっていく。
結構固い土でも、すばやく掘る。

ふうむ。
忘れていた。

土の中に、いろんなヒトたちが息づいているのだ。

それから、「雑草という植物はない」という言葉があるが、
いろんな草がある。

一番多いのは、スギナ。つくしの親ですね。
あと、わけのわからん、地上では抜きやすそうな顔してるのに、
地中にはやたら太い根をはる植物も多かった。

もはや、手では抜けないのである。

土を掘り返すなんて、久しぶりであった。

満員電車に揺られる生活で、
すっかり忘れていたが、
小さいヒトたちの世界は、
いつも、すぐ傍にあるのであった。
e0126903_22213628.jpg

[PR]
by ton2_net | 2018-04-30 22:22 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ton2net.exblog.jp/tb/27228230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 火垂るの墓・「泣く、のその先へ」の話 シソ、植えよう >>

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
画像一覧
以前の記事
タグ