趣のある効率(目黒の「とんかつ」屋さん)

東京に来て良かったなと思うことの一つに、
「とんかつ」文化がすごい!ことが挙げられると思う。
これまで食べたどの「とんかつ」とも違う店がいくつもあって、面白い。
(これまで食べていたものと、値段も一線を画すのであるが。)

きょう行ってきたのは目黒の「とんき」というお店。
創業は昭和14年だそう。
e0126903_21593565.jpg
目黒駅からすぐ近く、街中にぽんとある感じ。
中に入ってみると…。
e0126903_21590573.jpg
びっくりするのは店内の広さと、職人さんの多さ。
ひたすらとんかつをサクサクと切っている人もいれば、
ごはんとみそ汁を絶妙なタイミングで配膳する人もいる。

見事なまでの分業。
こんなに人がいるのに、みんなすごい忙しそうで、全然無駄がない。
なんというか、趣のある効率ってあるんだなあと思った。

店に入るとすぐ、職人さんに
「ロース?ヒレ?」と聞かれる。

奥さんと、ひとつずつ、注文。
店の端にある椅子に座って待つ。

前のお客さんが済むと、どうやって覚えているのか、
初老の職人さんが、
はいお二人さんこっち、とか、
おひとりさんは、あっちね、とかテキパキと指示を出していく。

そして我々も席へ。
さあいよいよ、きょうのその時、です。(松平アナ風に)
e0126903_21592651.jpg
衣がすごくしっかりしていて、「サクサクしすぎない」感じが良い。
衣自体に味とコクがあるように感じた。
お肉自体もめちゃくちゃおいしくて、噛んだ瞬間に
「あっ、お肉って、そうだよね、ほんのり甘いんだよな」と思う。
味付けも絶妙。繊細な肉の味を劇的サポートしている。

キャベツもすごく甘くておいしい。
奥さんいわく、ソースだけじゃなく、しょうゆをかけてもおいしいらしい。
…今度やってみよう。ごくり。

ちなみに、若手の職人さんが目を光らせていて、
キャベツが無くなったと思ったら
「おかわり、どうっすか?」と聞いてくれる。すごい。
(豚汁とごはんも同様なのだ。)

外でとんかつ食べるの久しぶりだったけど、
すごくおいしくて満足だった。

お会計は、注文した人と別の職人さんに声をかけたけど、
一切間を置かずに料金を告げられた。

いったい、どういうシステムなんだろう?
長きの間に、出来上がって行った形式なんだろうなあと思う。

寒かったけど、遠出して行った甲斐があったというものです。
e0126903_22133685.jpg

[PR]
by ton2_net | 2018-02-25 22:23 | その他色々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ton2net.exblog.jp/tb/27103225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「重症筋無力症」という病気 在宅勤務 >>

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
画像一覧
以前の記事
タグ