サン・ジミニャーノ2日目、そしてフィレンツェへ

ガイドブックによれば、サン・ジミニャーノから、
ワイン蔵をめぐるツアーに参加できるとのことだった。
15ユーロくらいで、夕方発、3時間くらいのコース。
なんといってもトスカーナ地方。
ワイン蔵の見学をして、ワインを購入せねば。

しかし、街のインフォメーションで聞いてみると、
ひとり60ユーロ、朝から晩までで三つの蔵を回るコースだよ、とのこと。
ちょっと重いな…と躊躇し、結局申し込まなかった。

街にはワイン博物館みたいなところがあって、ここでも試飲ができた。
そこで、周辺のワイン蔵が紹介されているパンフレットを入手。
博物館のおじさんいわく、車で行くのが普通とのことだったが、
徒歩でもいけそうな蔵を探し、
翌日の朝、電話でコンタクトをとってみた。(英語の得意な奥さんが。)

すると、一人8ユーロで、見学+ワインの試飲5種類できるという。
昼過ぎに来てくれとのこと。
おお…。電話してよかった…。(奥さんが。)


街を出て、農場をてくてく歩く。
昼下がり、天気もよくて、大変気持ちがよい。
30分もせず、到着。

ちょっと早すぎたので、時間まで、
ワイン蔵の前にあるレストランで、コーヒーを飲む。
外のテーブルに通されると、
すごい盛り上がっている一団が。
やたら美味しそうな肉を
(のちにこれは「フィオレンティーナ」と呼ばれる
 Tボーンステーキということが発覚する。)
食べながら、ワインを飲んでがはははと笑っている。

うまそうだ…。

さて、ワイン蔵見学スタート。
イタリア人の一家と一緒に見学。

e0126903_20301443.jpg
この樽が全部ワインだとは…。


e0126903_20301497.jpg
ぶどう畑。

歴史のある蔵らしいのだが、
生物農薬を使って有機栽培したりと、
時代に即した新しいチャレンジが求められている…など、
色々説明が聞けました。

畑が一段違うと、ぶどうの品質が変わるなど。
繊細ですね…。もはや文化。

中央の黒い服の女性が、蔵を継いでいる一家の娘さんです。
e0126903_20301518.jpg
ワインを寝かせるタンク。

初歩的かもしれませんが、
「皮ごと入れたら、赤」
「実だけで作ったら白」
ってご存知でしたか?

そういう違いなんだと今更ながら奥さんと驚きました。

e0126903_20301538.jpg
至福の試飲会の様子がこちら。本当に至福。
有料で、3杯くらいまで…とかって話だったのに、
みんなで「うまいうまいうまいうまいうまい」と感動していたら、
結局5杯くらい頂けました。笑
しかも、結局料金とられなかったし…。

一緒に見学した家族のお父さんが、
「君たちは新婚か。それはめでたい。
 あのね、よく覚えておきなさい。
 ”正しい答えは、常に妻の言葉である”。
 わすれないように…」
と語ってくれた。そういうものですか。


本当においしいワインだったので、その分たくさん購入。
日本へShippingして手ぶらで解散。
素晴らしい見学会でした。


さて、時間もそれなりに遅くなり、微妙におなかが減ってきた。
ただ、試飲会で簡単な料理も出してくれたので、
ちょっとだけ食べたいな…という感じに。

結局、見学の前に訪れたレストランに入ることに。軽く食べる。
e0126903_20301616.jpg
ラザニア。おいしかった。

e0126903_20301646.jpg
何らかのお肉。おいしかった記憶が。
Tボーンステーキは、フィレンツェで堪能することにした。

お会計をすまし、これから歩いて街に帰るんですよね~と話していたら、
お客さんの一人が「は!?まじか?」と車に乗せてくれることに。
e0126903_20301741.jpg
ぶっとばしてくれて、一瞬でたどりつく。
めっちゃ運転荒かったけど、助かりました。

もう一泊して、翌日フィレンツェへ。
移動日の夜は、奥さんたっての希望でオペラ観劇に。
演目はえーっと何だっけ。笑

e0126903_20301762.jpg


e0126903_20301811.jpg
雰囲気あってよかったのですが、
やはり言葉が全然わからないし、筋を知らないので…。

観客席を見回してみると、
若い綺麗な女の子と、バシッとスーツでキメたおじいちゃんがデートしてたりして、
ほうほう、イタリアだなあというような雰囲気はありましたね。

しかし都会は疲れますね。

[PR]
by ton2_net | 2017-05-11 00:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ton2net.exblog.jp/tb/25823435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< イタリアの市電とバスの乗り方(... 素晴らしき、サン・ジミニャーノ >>

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
画像一覧
以前の記事
タグ