チェファルーで登山

パレルモから国鉄に乗り、
(イタリアの電車の乗り方も面白いので
どこかで紹介したい。)
一時間ほどの「チェファルー(Cefalu)」へ。
元々、
・ゆったりと落ち着ける
・人のごみごみしない場所で
・美味しい魚を堪能し
・できれば地元の人とも交流したい
というのが今回の旅の目的であった。

そういう意味では、今回の旅で訪れた場所で
一位二位を争う素晴らしい場所だった。
e0126903_19375025.jpg

まず、駅に着いた瞬間、
そびえ立つ岩山が出迎えてくれる。
これはいいぞ…。
空気も綺麗だし、静かだ。
東京に慣れすぎて
「あ、ホームで鳥の鳴き声流すやつ、
イタリアにもあるんだー」
と思ったら、本物ですよ…。
楽園か、ここは。
e0126903_19375012.jpg

…チェファルーは、ちょっと奮発して、
テラスから海が見える素敵なお部屋を。
二泊三日でゆっくりする計画だ。
結果的に素晴らしい街で、
もっといても良かった。
e0126903_19375122.jpg

本当に綺麗な街で、人も親切。
どうやらこの街、夏のヴァカンスシーズンには
ヨーロッパ各地からも人々が集まるらしく、
今回、5月に訪れたのが逆に良かったと思う。
泳がなかったけど、泳いでいる人はたくさんいたし、
僕ももう1日ゆっくりしていれば、泳いだと思う。
e0126903_19573903.jpg

泳ぐ代わりに今回決行したのが、
写真中央に見える(駅からも見えた)、
岩山登山である。
この山(Rocca di Cefalu)、眺めるだけでも楽しめるのだが、
登ってみると…
e0126903_19375235.jpg

素晴らしい景色です!
奥さんとかなりゆっくり登っても、
2時間かからないくらいで山頂に。
入り口で、入山料一人4ユーロ取られるが、
払う価値はあると思う。

おまけ的に、山頂ではあの動物が、
大群で出迎えてくれます。大群です。

街の人に、あれは野生なの?と聞くと、
「さあなあ。まあ、飼い主がいるとは思うんだけど、
世話なんかしてねーだろうし、
まあほとんど野生みたいなもんじゃねーの?
まあでも、いるよ一応飼い主は。」
みたいなことを言ってました。

e0126903_20024152.jpg

山頂で、スーパーで買い出しした、
パンに生ハムとチーズを挟んで食べました。
うまいし、安い…。

本当に訪れて良かった、チェファルーです。絶賛。
[PR]
by ton2_net | 2017-05-03 00:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ton2net.exblog.jp/tb/25794697
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< チェファルー、食事編 エティハド航空でイタリアへ >>

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
画像一覧
以前の記事
タグ