パワーポイント

最近やたらとパワーポイント作りの集まりが多い。
やっているうちに、一緒にパワーポイントを作るのは結構難しい、
ということに気がついた。

まず、その時のテーマが

「学問は自分のキャリアにどう結びつくか」

という抽象的なテーマだったから、

メンバーが最終的に目指すところ、
「伝えたいこと」が一致しない。

そして、その「伝えたいこと」が決まっても、
そこへいくまでの表現方法などが
人によって様々なので、

言葉や文字にして自分の考えをどんどんほかの人に
伝えていかないと、

すぐにほかの人との”ずれ”が生じてしまう。

やはり
人に自分の考えを話すのは難しいものだ。


結局終わったのは夜の12時。
その後に班のメンバーとバーミヤンに行ってご飯を食べた。

知らない人と意思疎通するのは難しいが、
大変楽しいことでもある。

何しろ、自分の予想だにしない、
本当に思いがけない話が聞けるから。

人の数だけ、物語があるのだと感じる。
[PR]
# by ton2_net | 2007-06-14 19:43 | その他色々 | Trackback | Comments(0)

「それがねえ」

何年ぶりかで、石垣りんの、『崖』という詩を読んだ。

図書館で借りた斉藤孝の『声に出して読みたい日本語』の中に
その詩はあった。

著作権法を恐れながら、載せてみよう。


                   石垣 りん

戦争の終り、
サイパン島の崖の上から
次々に身を投げた女たち。

美徳やら、義理やら、体裁やら
何やら。
火だの男だのに追い詰められて、

とばなければならないからとびこんだ。
ゆき場のないゆき場所。
(崖はいつも女をまっさかさまにする)

それがねえ
まだ一人も海にとどかないのだ。
十五年もたつというのに
どうしたんだろう。
あの、
女。



***************
初めてこれを読んだ中学生の時、

(崖はいつも女をまっさかさまにする)

までは、怖いとは思いつつも、意外に
さらっ、と読んだのだが、
次の行、

「それがねえ」

まできたときに、
まさに文章に「引き込まれ」た。
周りの音が聞こえなくなった。
いやおうなくその文章と向き合わされた。

リアルな映像で見るのも
印象に残ると思うが、

「詩」という、「言葉」という形でしか
表現できないものがあるのだと知った。

そして最後の句点と改行の使い方に驚かされた覚えがある。
区切り方ひとつで、こんなにも変わるものか、と驚いた。


『崖』は、”言葉の力”を目の当たりにさせられた詩だったと思う。
日本語って、すごい。
[PR]
# by ton2_net | 2007-06-11 11:05 | "言葉” | Trackback | Comments(1)

引っ越しました。

yahoo! blogでやっていたのですが、

なんとなくyahoo!の方は開くのに時間がかかるのと、
気分を変えてみたいのとで

こちら に乗り換えてみました。


基本前と同じでなかなか更新しないし、
mixiの内容とほとんど変わらないかもしれないのですが、

本・テレビや実際に合った人達の心に残った言葉、
思ったこと、考えたこと、
陸上のこと、ワンゲルのこと、
昔の話など、

すこし長編にここで挑戦してみたいなという風に考えています。

お時間がありましたら
これからもどうぞよろしく。


お気に入り登録していただけたら幸いです。
[PR]
# by ton2_net | 2007-06-07 18:48 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
> blancheさん..
by ton2_net at 18:20
>ゆーな でかかったよね..
by ton2_net at 18:03
以前の記事
カテゴリ