新しくなったton2net



もっと楽に、といつか思うかな

雨がつよくなってきた。ので、早く帰ってきた。
小ぶりだったら、ちょっと走るか・・・。
とかちょっと思ったけど、さすがに、という感じ。

東京にこしてきて、板橋という場所で住み始めて。
通勤片道1時間なので、まあそれなりに遠い。
(乗り換えないといけないのがめんどくさいんだよな。)

いいところは、ほんとに緑が多いということ。
なんか、今座っているリビングの窓からも、
大きなクスノキが見える。
向かいの家にどーんと立っているのである。
散歩ついでに眺めてみたら、
区の保存指定樹木なのだそうだ。
そういう標識がかかっていた。

前にも書いたかもしれないが、本当に大きな公園がある。
テニス場も野球場もプールもあり、
そして400m土トラックがあるのだ。
e0126903_22003130.jpg
怠惰という名の列車に飛び乗った僕が、
なんとなく週1〜2で走れているのは、
この公園のおかげであろう。

まあ、遠くてもいいことはあるよ、と。

最近、走っていると、楽しい。
たまにしか走ってないからかもしれないけど、
なんだか、高校とか大学とかとは違う楽しさだなと思う。

思い返してみても、自分は「陸上選手」というカテゴリーで、
優秀、というわけでは全然なかった。
むしろ、様々なレースで後ろから数える方が断然早い、
という種類の選手だった。
(それでも、怠惰列車の車窓から当時を思い出すと、
 自分で自分をほめてあげたい気持ちにもなるのだが。
 1キロ4分で走れるだけで偉いよ・・・)

才能というものを感じたことはもちろんない上に、
一緒のクラブに所属していた諸先輩・友人・後輩に比べ、
努力というものもしていなかったのだから、
まあそれは仕方ないと思う。


だけど、なんだかちょっと最近になって思うのだけど、
えーと、うまくいえないけど、
なんかもっと、楽に考えてよかったんじゃないかと思うのだ。

早くなくてかっこわるいとか、
自己最高新記録を更新して云々とか、
そういう走り方も大事なんだけど、
そういう走り方「じゃない」走り方も、
もう少し大事にしてよかったんじゃないか・・・

最近、走りながら、ふとそういうおセンチな気持ちになったのだった。

夏が始まった休日の夕方で、
じめじめしてはいるが、空は青く、とても気持ちがよかった。

でも、書きながらもいやでも待てよ、とも思う。
たとえば今の仕事も、退職したあと思うのだろうか。
「もっと、楽に考えて良かったんじゃないか」と。
・・・きっと思うんだろうな。
100人に聞きました、で90人くらい思いそうだ。

でも、それはただ手を抜いたり、だらだらする、
ということでもなさそうだ。
こういう風に難しく考えている時点で、
なんか違うんだろうな。

最近、頭でっかちだなと思うことが増えた。

でもなんだか、大切なことのように思えるので、メモです。

[PR]
# by ton2_net | 2017-07-04 22:02 | Trackback | Comments(0)

ありふれているようで、そうでないこと

「タスクの切り替えによって、
 我々の脳には想像以上の負荷がかかるのだよ」
と、いかにもな感じでF村は言った。
なんとなく斜に構えた感じの、いつもの「にやっ」という笑いとともに。

最近仕事で、出身大学を訪れた。
その前が、たぶん3年くらいまえだから、ひどく懐かしく感じた。
そして、大学での用向きが、午前と、午後18時。
6時間もの待ち時間が発生し、大学でいまも研究を続けるF村に、
「いまひまですか?」というラインを送ったのだった。

返事はすぐ帰ってきて、
図書館の入り口にできたスタバで色々話をした。

その中で出てきたのが、F村の実践し始めたという
「25分、一つのことに集中し、時間がきたらぱっとやめる。
 5分間は絶対に仕事をせず休んで、
 その後、再び25分集中する」
という仕事実践方法だった。


まったくアスリートなことするな!と思って聞いていたのだが、
その翌日から自分もやってみたら、これが中々、いい。
これまで、「いま、何をする時間なのか?」ということを
はっきり意識せず、
結構、あれやこれやと漫然と仕事をしてきたことがわかった。

次の25分は、何がなんでも◯◯やるぞ、
と意識するだけで、結構これが、集中できるものなのだった。
(「ポモドーロテクニック」というらしい。
 興味ある方は検索してみてください。)

まあそんなこと含めて、いろんな話をした。
「懐かしい」って一体どういう脳の状態なのか、とか、
F村の家の近くに、1km?くらいまっすぐのなにもない道があって、
全力疾走できるから興奮する、とか。

なんでもないことを、あれこれ話せる友達というのは、
ありがたいものだなあと思った。

大学のときはなんでもないと思っていたことが、
働きはじめてみると、中々みつからなかったりする。
逆、のことも実はたくさんあるんだろうけど。

昔はよかった、と単純に割り切るつもりも全然ないんだけど、
昔、「自分の周りにありふれていたこと」が、
本当は「そんなにありふれたものじゃない」ということに
30歳になってようやく気づけたなという実感があった。

[PR]
# by ton2_net | 2017-07-02 20:17 | Trackback | Comments(0)

アリタリア航空機で帰国

ローマ経由で、成田に到着。
結局、エティハド航空から
アリタリア航空に差し替え。

ここで、ローマ→成田の、
アリタリア航空機内サービスを紹介しよう。
e0126903_11523260.jpg

機内サービス①スナック菓子
塩味が効いていて美味しい。
e0126903_11523212.jpg

機内サービス②イタリアビール
スナックと合います
e0126903_11523331.jpg

機内サービス③夕食(和食)
刺身付き。美味しかった。
刺身の横の白い野菜は大根だったのか…?
緑のは、なぜかモロヘイヤでした。
e0126903_11523369.jpg

機内サービス③夕食(イタリアン)
奥さんはイタリアンを選択。
ラザニア、結構美味しかったらしい。

朝食は、ちょっといいパン、ハムとチーズ、フルーツ、ヨーグルトでした。

成田に着いて、まず買ったのが…
e0126903_11523470.jpg

ティッシュ。
旅行の途中から、ずっと鼻水が止まらず、
ホテルのトイレットペーパーを
ジップロックに入れてもちあるいたりしていた。
海外には、ティッシュとおしぼりという概念がない…。

日本では、ただで街頭で配ってるんだから大変なことですよ。

午後はゆっくりして、
明日に備えます…。
[PR]
# by ton2_net | 2017-05-14 11:41 | Trackback | Comments(0)

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
>JUN2さん そうだ..
by ton2_net at 13:52
いや、1年くらい前まで有..
by JUN2 at 10:33
以前の記事
カテゴリ