新しくなったton2net



<   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


なんだかんだ尾道

なんだかんだあり、尾道に来ている。
e0126903_23115141.jpg

普通に高校生たちなどが、渡船を使っている光景。
良いですね。

せっかくなので「工房尾道帆布」さんへ。
トートバック、買いました。
e0126903_23115163.jpg

元々、帆船をたくさん作っていて、
その帆の布で作ってるそうです。
丈夫そう。
e0126903_23115171.jpg

今まで愛用してきた「理研バック」は、
持つところが残置ロープみたいになってしまっていた。

尾道良いなと改めて思った1日だった。
[PR]
by ton2_net | 2016-06-25 09:14 | Trackback | Comments(0)

「ちょっかい出す」こと

e0126903_12304718.jpg

レコーダーに吸い込まれ、
出てこなくなったDVDを救出している、図。

映像を録画したり、
画面に映してみたり…ということをするのに、
かくも複雑な仕組みが必要なのか、
とレコーダーの蓋を開けてみて思った。

完全にブラックボックスだ。
「昔はもっと簡単でよかった…」と
在りし日を偲ぶおじいちゃん・おばあちゃんがいるのも頷ける。

しかしけれども、と思う。
機械に限らず、結構いろんなことがブラックボックスではないかとも思う。

最たるものが、人の心だ。
自分がなんか言う。
相手が急に不機嫌になったりする。
あれっ?と思ったりする。
どういう仕組みなのか、よくわからない。
もしかしたら、不機嫌になった本人さえ、
よくわかってないかもしれない。

大学にいた頃、物理を専攻していた。
一年生の時、「物理学通論」という授業があって、
その内容はほとんど忘れてしまったけど、
あるとき先生が
「物理することは、ちょっかいを出すことです。
なにやらよくわからないものがあって、
とにかく我々はちょっかいを出す。
それで、どんな反応があるか、よく見る。
そこから、相手がどんな姿をしているかを想像するのです。」

なるほどなあ、と感心したのを覚えている。
もうちょっと、他の部分も真面目に聞いておけばよかったな。


ちょっかいを出したり、出されたり。
大抵のこと・ものは、
レコーダーみたいにドライバーで開けて中を覗いたり出来ないから、
そうやってだんだん、詳しくなっていく。

谷川俊太郎さんが言う、
「やさしいということは、
そばにいてあげるということです」
ということにも、通じているのではないかと思ったりする。
[PR]
by ton2_net | 2016-06-24 12:18 | Trackback | Comments(0)

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
>JUN2さん そうだ..
by ton2_net at 13:52
いや、1年くらい前まで有..
by JUN2 at 10:33
以前の記事
カテゴリ