新しくなったton2net



<   2016年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


玄関先で、絨毯を洗う風景

旅行先で、走るのが好きだ。
自分が見知らぬ土地にいって、
そこを走ってみると、
色々な発見があって、おもしろい。

車では通り過ぎてしまう景色、
歩いていてはたどり着けなかった場所。

走るから、見える風景と言うものが、
あるような気がする。


いま、なんとなく思い出したのが、
大学3年生のときに行ったウズベキスタンのことだ。
友達がどうしても行っておきたいというので、
交通事故にあった保険の「見舞金」を使って同行した。
はじめての海外旅行だったけど、
2週間あまりで二回も現地の結婚式に紛れ込んだりして、
結構おもしろい経験が色々できた。

首都のタシケントという所から入って、
3日目くらいに「サマルカンド」という都市で一泊した。
午後3時くらいには宿に落ち着く事ができたので、
少し走って来るねと外に出て、
ふらふらと1時間くらい走った。

観光地の「表の顔」とは違って、
少し走ってみると、
ウズベキスタンの「素顔」を見た気がした。

ゴミが山になっていたり、
こんなことを言うのは失礼だけど、
一見、廃墟のような家が立ち並んでいたり…。

でも、そこで遊ぶ子ども達はみんな笑顔で元気そうで、
老人がひなたぼっこしていたり、
おばちゃんたち井戸端会議で明るく笑っていたりと、
なんだかとても素朴な雰囲気に満ちあふれていた。

ゆっくりと走っていると、
絨毯をそとで洗っているお母さんが目に留まった。
ウズベキスタンは織物で有名な地域で、
一枚数百万という織物なんかが展示してあるところを見たりした。

きっとそれは、そんなに高価なものではなかったんだろうけど、
彼女の家族がその上で暮らしを続けて来たんだな、
という、一種の貫禄なようなものが色合いなんかからにじみ出ていた。

絨毯を丸洗いしているところなんて、生まれて初めて見た。
珍しそうにちょっと立ち止まって見ていると、
そのお母さんは、僕の方を見てにこっと笑った。
「こんなもの珍しい?」というように。
周りでは、子ども達がわーいという声をあげて、遊んでいた。



その後、ホテルに戻ろうとして道がわからなくなったりして、
かなり焦った覚えがあるけど、
なんとか見覚えのある観光地通りに戻って来れた時には、
ほっとしたのを覚えている。

ウズベキスタンでは、色んな面白いことがあったけど、
一番心にしみ入る風景として残っているのは、
あの、少し傾きかけた陽光の中で
お母さんが絨毯を洗っていた情景かもしれない。

安全なところばかりじゃないと思うので、
一人でこういうことをするのは
場合によっては良く無いのかもしれないけど。

でも、あれが無かったら、
僕にとってのウズベキスタンの印象は、
また少し違うものになっていたかもしれないなと思う。

[PR]
by ton2_net | 2016-05-20 01:17 | Trackback | Comments(0)

メカジキ魚骨だしの鍋スープ

ことし3月に気仙沼に行ったときに買ってきた、
「メカジキ魚骨だしの鍋スープ」というものを、
昨日使ってみた。
e0126903_20400667.jpg


例によって、たまねぎ、にんじん、エリンギ、ねぎ、
それに鳥もも肉を加えたものに、
味付けとして使ってみたのだった。

最初はカレーにしようと考えていたが、
この鍋の素が冷蔵庫で眠っていることを思い出し、
急遽、作戦を変更したのだった。

なかなか味わい深い料理であった。
メカジキ魚骨だしの旨味が、
他の具材にしみていた。
しかしながら、
もっと美味しく使う方法があるような気もした。

とにかく、美味しくいただいた。
しかし、やっぱり魚のブイヨン的なものは、
海の具材に使ったほうがいいのかな。

身近な人に相談したみたところ、
「別にいいんじゃない。
魚介系チャーシューメンっていうのもあるし。」
と返ってきた。

なるほどそれもそうだ、と思った。
[PR]
by ton2_net | 2016-05-06 20:37 | Trackback | Comments(0)

翻訳されても、失われないもの

「うちはしあわせになってはいけんのじゃ」。

広島に投下された原子爆弾。
美津江は一命を取りとめながらも、
生き残った罪悪感を抱えて生きている。
自分以外の周りの人は、皆いのちを失ったからだ。

やがて美津江は、図書館に勤め、
原爆に関する資料を集める「木下」という青年と
互いに想いを寄せ合うようになる。
しかし、その罪悪感から、
恋のときめきからも、自ら身を引こうとする。

二人を、なんとか引き合わせようと画策するのが、
美津江の父の竹造であったが、
実は竹蔵は、原爆によって命を失った幽霊なのであった・・・。

e0126903_05515332.jpg

井上ひさしの『父と暮らせば』は、
戦後間もない昭和23年の広島を舞台にした、
二人芝居である。

登場人物は、美津江と父・竹造だけで、
広島弁をふんだんに盛り込んだ会話が
物語の魅力の一つになっている。

読売演劇大賞の優秀賞をはじめ、
数多くの受賞を果たし、
フランスや香港、ロシアなどでも翻訳され、上演された。

新潮社から出されている本は、
その脚本で、セリフとト書きだけで構成されている。


この本の、文庫版の「あとがき」も、
本編に負けず劣らずおもしろい。
まず、「二人芝居」は、
本当は「一人芝居」であるという種明かし。

 美津江を「いましめる娘」と「願う娘」にまずわける。
 そして対立させてドラマをつくる。
 しかし一人の女優さんが演じ分けるのは大変ですから、
 亡くなったものたちの代表として、
 彼女の父親に「願う父」を演じてもらおうと思いつきました。
 べつに云えば、「娘の幸せを願う父」は、美津江のこころの中の幻なのです。
(p110,文庫版)

なるほど・・・。
他の様々な作品も、
こういう観点で読み直してみるとおもしろいかもしれない。
井上ひさしは、これが小説にも詩にも真似できない、
舞台だけでのみ表現可能な、「劇場の機知」なのだと書いている。

つまり、劇場での「仕掛け」。
演出と言ってもいいかもしれない。

井上は、この「劇場の機知」こそが、
「翻訳されても失われないもの」なのだと言及する。

 日本語で書かれた台詞は言葉の壁に突き当たり、
 翻訳という名の壁壊しの作業を通して大幅にその魅力を失いますが、
 劇場の機知だけは、
 まったく無傷のまま言葉の壁をすんなりと通り抜けることができる。
 その機知に異言語の劇場の観客がよろこぶわけです。
(p109,同)

物語のクライマックス、竹造は美津江に語りかける。
「わしの分まで生きてちょんだいよォー」。
父の娘への強い願いでありながら、
被爆者である美津江自身の悲痛な叫びでもある。

この「想い」もまた、
「翻訳されても失われないもの」のひとつだと思う。


今月、オバマ大統領が広島訪問することが決まった。
アメリカの大統領が広島に来るのは、歴史上初であるらしい。

任期間際の政治家が来るだけで、
そう簡単には現状は変わらないかもしれないが、
実際に色々のものを目にして、話を聞く中で、
「翻訳されても失われないもの」の力が、
少しでも世界を良い方向に後押ししてくれることを
願いたいと思う。

[PR]
by ton2_net | 2016-05-05 05:43 | 読書記録 | Trackback | Comments(0)

Mした、来た

e0126903_16170612.jpg

Mしたくんが来ました。
来たというか、彼の実家が福井なのだが。

福井の美人女将のお店へ行き、
そのあと謎のJAZZバーに行き
(一周年記念だったらしく、
生ビールが無料だったが、
なんとそれだけ飲んで店を出るという不届きものたち…。)
そして、最後に駅前の店でピザを食べた。

なんだか懐かしいですね、こういう感じは。

Mしたくんは、大阪にいたのだが、
今春から、石川で勤務することになった。
国立公園に関わる仕事をしているらしい。

みんな、本当にいろんな仕事をしている。
話を聞くたびに、へえっと思う。

大人になるまで分からなかったけど、
大人にも、ひとりひとり、
いろいろあるんですねえ。
[PR]
by ton2_net | 2016-05-03 02:00 | Trackback | Comments(0)

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
最新の記事
記事ランキング
memo
最新のコメント
>JUN2さん そうだ..
by ton2_net at 13:52
いや、1年くらい前まで有..
by JUN2 at 10:33
以前の記事
カテゴリ