新しくなったton2net



<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


「すばらしい」では足りない。

Googleの企業理念が書かれた
というページが結構面白く、たまに読み返したりする。

 自社のウェブサイトにユーザーが留まる時間を
 できるだけ短くすることを目標にしている会社は、
 世界中でもおそらく Google だけでしょう。
  (3.遅いより早い方がいい。)

この部分をはじめて読んだとき、結構、へええと思った。
たしかにそうかもしれない。
そしてそれは、結局、
 Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。
  (1.ユーザーに焦点を絞れば、ほかは後からついてくる。)
 Googleは検索を行う会社です。
  (2.1つのことを、とことん極めてうまくやるのが一番。)
という大原則と、きちんと分ち難く結びついているのがすごい。

読んでいて面白い、公の「企業理念」というのも珍しい気がする。
そして、考え抜かれた企業理念は、
その企業のことを語るだけに留まらず、
色んな人の心に「こんな考え方もあるんだ」と
新鮮な風を吹き込み得るんだ、と思ったのだ。

そして、最後の10番目を読んでいる時、
すでに何回目かで「ううむ」とうなってしまった。


 たとえユーザーが自分の探すものを正確に把握していなくても、
 ウェブで答えを探すこと自体はユーザーの問題ではなく Google の問題です。
 Google は、全世界のユーザーがまだ具体的にイメージしていないニーズを予測し、
 新たなスタンダードとなるサービスを作り出しています。
 ・・・
 現状に満足しないことが Google のすべての原動力となっているのです。
  (10.「すばらしい」では足りない。)

ううむ…。
すごいストイックだなと思う。
ニーズに応えるだけでなく、
「その先」にこそ、わたしたちが求めるものがある、という宣言。

あれ、あの曲、なんだっけなあ、歌詞分かんないんだけど…。
と言われても普通は困るが、Googleは、
「それを探せない事は私が至らぬからです」とここで宣言している。

実際の例として、Gmailの大容量サービスが挙げられているが、
いまでこそ当たり前だけれども、
確かに最初出た時はびっくりした。
1GBも保存できるのかよ!と大学の仲間の間でも衝撃が走っていた。

当時は、トップページで保存容量が
どんどん増えて行く様が見られて(今でもあるのかな)
「何か革新的なことがおこりつつあるぞ」
という雰囲気を増長していた。

「普通これあるでしょ」「合格点だね」の先を行く。

「予想もしてなかった」ものを用意するという宣言である。

さてここまで完全にステマ的な(最近聞かなくなったな)
ことになっているけれども、
1ユーザーとして、結構Googleファンである。

その根源は、これらに示される「思想」にあると思う。

翻って、魅力的な人にもやっぱり、
その人なりの「思想」があると思いませんか。

[PR]
by ton2_net | 2016-03-31 08:26 | Trackback | Comments(0)

A山姉弟

先日、みっきーさんが福井に来られた。
大学のワンゲルでご一緒させて頂いた、
ガハハと笑う「豪快」の二文字が似合う先輩である。

実は今、福井の職場で弟さん
(これまたガハハと笑う人)と一緒に働いている。
そしてこの弟さんは、◯山くんと小学校が一緒らしい。

不思議なご縁だなと思う。

「秋吉」(福井に本店があるのです)で、食べながら色々話す。
みっきーさんとは卒業して以来、初めて会った。
地震で卒業式がなくなったりと
ばたばたした中で筑波を離れ、一部の方々をのぞき、
そういう人がほとんどだなあと改めて思う。

みっきーさんには、すでにお二人のお子さんがいらっしゃる。
下のお子さんをずっと抱いておられたが、
背負ったり、くるっとまわしてだっこできるタイプのもので、
ザックみたいに肩で支えるものを使用していた。

すごいアイテムですねとお聞きすると、
「本当にザック。山で慣れといて良かった」
と笑っていた。
何がどこで役に立つか、わからないものです。

飲み屋の喧噪もどこ吹く風で、
平然と、すやすやと、お眠りになられていた。
きっと、大物になるに違いない。

様々な、懐かしい話が飛び出して、
大変楽しい夜でした。

また、お会いしましょう。

e0126903_17353001.jpg

[PR]
by ton2_net | 2016-03-30 02:00 | Trackback | Comments(0)

“トントン拍子”のご紹介

5時に起きて、「しらさぎ」に乗る。
倉敷にて、イカと吉川さんの結婚式。
不肖・わたくしが、ご紹介させて頂いたお二人です。
おめでとうございます。

そもそものきっかけは、2年前くらいの関ヶ原である。
ワンゲルOBキャンプ的なものが開かれ、
そこにいた吉川嬢と話すうちに、一度会ってみる?という運びになった。

そのとき、頭に浮かんだのは、
「ああ、そういえばこの組み合わせ、有ったよなあ」
ということだった。
地理的にも、お二人は兵庫岡山と近いところに住んで居られる。

どうして今までで思いつかなかったんだろう、というくらい、「これはいけるな」という感じがあった。
おそらくこういう感覚って、生きてる間に、もうないんじゃないかと思う。

実際に3人で会ってからは、ほんとうに”トントン拍子”でありまして、
お付き合いから、2年経たないうちに、
めでたくご結婚されることとなりました。



不思議な話が有って、
たまたま、兵庫で仕事が入り、吉川嬢に連絡したところ、
「びっくり丁度イカ氏と会う日」
とのことであり、
3人で明石焼きでも、という話になった。
紹介して数ヶ月の、まだ間もない頃である。

仕事を終え、明石駅に着くと、
なにやら足元のおぼつかない男女が寄ってくる。

果たして、二人であった。

奈良漬けが近づいてきたのかと思うくらい、酒臭かった。
昼から立ち飲み屋で飲んでいたという。

このとき、「これは、詰みだな」と思った。
明石焼きを食べ、近くの飲み屋に入り(まだ飲むのか。笑)
ふたりの様子を見ていたら、これまた、たぶんそうない感覚だと思うのだが、
(この男、きょう告る気だ。間違いない)と思った。

ふいに、そう思った。

同時に、(あれ!?オレ、邪魔じゃん!)とも思った(遅い)。

今更ながら気を利かせたつもりで、
「あっ!そろそろ終電が…」とかなんとか言って、慌てて店を出たのであった。


当時の携帯にまだメールが残っているのだが、
その夜に無事お二人は清い交際を始められらことになりまして、
新郎曰く、
「きょうこそはと思っていたところに、
急に割り込んで予定が入ってきたので狼狽した」
とのことであった。

間の悪い男ですいません。

まあ、というわけで、なかなか個人的にも面白く、貴重な経験となりました。

ちょっと、「ぽん」と押すだけで、
進んでいく物事というのは、
やっぱりあるんだね。


それにしても、「告る」やら「清い交際」やら、
日常生活でもはやなかなか使わないワードを使うと、少しこう、そわそわとしてしまうものです。

兎にも角にも、おめでとうございます。

あと4時間ほどで挙式です。
…ああっ!ご祝儀袋、買わないと。
[PR]
by ton2_net | 2016-03-26 05:52 | Trackback | Comments(0)

わたしの「5年目」

11日のこと。
ちょっとした仕事で、岩手県の陸前高田市に来ていました。
途中、仮設住宅にも寄らせてもらった。

その仮設住宅は、かつて150世帯くらいがお住まいだったところだ。
この5年間で半数が元の土地に戻る、
あるいは、他のところへ移り住み、
今はだいたい半分くらいの方が残っているそうだ。

少しだけ見るつもりで、帰ろうとしたら、
50mくらい先で、こちらに向かって
ものすごい勢いでわんわんと吠えているワンちゃんがいた。
飼い主であろうおばあさんが、
「こらっ!落ち着きなさい!」となだめている。

なんとなく、近くに行ってこんにちはと挨拶してみる。
犬にも、かがんで頭を撫でてご挨拶をしたら、
くぅーんと言って、それ以上は吠えなかった。

名前はなんて言うんですかとたずねたら、
「いやね、この子、”マサムネ”って言うんですよ」
と笑いながらお答えになられた。
さすが東北。伊達政宗人気が高い。
(でも仙台藩じゃなかったけ。笑)

マサムネくんは、毛並みのふさふさとした
ハスキー(?)っぽい犬種で、
昔、実家の隣の家で飼われていた犬に似ていた。
かわいい。
御歳、13歳になられるそうだ!

マサムネくんと遊びながら、おばあさんとお話しする。
娘さん夫婦は近くの違う仮設住宅に住んでおり、
おばあさんは一人で、このマサムネくんと住んでいるそうだ。


5年前のあの日、14時46分。
ちょうどマサムネくんと散歩に出かけていたそうだ。
すごい揺れで、家に帰ったら、
娘さんが車で迎えに来て、避難したそうだ。
娘さんが来なかったら、家でじっとしていただろうと
お話しされていた。

陸前高田市は、大体2万人くらいの人口の市だったが、
1700人以上が震災で亡くなられている。

おばあちゃんの家も津波で流され、
避難しなかったご近所さんは、ほとんど亡くなった。




お話をお聞きしたあと、
仮設住宅の少し上の方にある高台に行ってみた。
高台からは広瀬湾の向こうに広がる、
「かつての」陸前高田の町が一望できる。

5年が経った今も、
町は目下、津波対策のかさ上げ工事中で、
山を切り崩して土台を作る作業が延々と続けられていた。
それを見て、ピラミッドを作るのとどっちが大変だろうと、
少し真剣に考えてしまった。

それくらい、見渡す限りの、
ものすごい規模の工事なのだ。

高台には献花が行われた跡があり、
14時46分には仮設住宅の人が集まって、
黙祷を捧げたということだ。

僕も、手を合わせて黙祷をした。

e0126903_21254109.jpg



帰りに、もう一度だけマサムネくんに会いに行った。
撫でながら目を覗き込むと、マサムネくんもこちらをじっと、
(なんだよう)
とい感じで見つめ返してくれる。

ややあって、おばあさんも出てきてくれる。
「ありがとうございました、お元気で」と言うと、
にっこり笑って、
「あなたもね」
と言ってくれた。

最後に、握手した。

30秒かそこらだったと思うけど、
すごくしっかりと手を握ってくれた。
もしかしたら、いやもしかしなくても、
やはりここでの暮らしはさみしいものなのかもしれない。

仮設住宅をあとにして、車で駅に向かう。
車の中でふと、
マサムネくん、二回目に行った時は吠えずにいてくれたな
と思った。



だらだらと書いてしまったけれども、
これが、僕にとっての「5年目」でした。
マサムネくんのふさふさとした毛並みの感触と、
おばあさんの手の温かさ。


5年が経ちました。


多くの人は、朝から、やはり震災のことを思い出したと思う。
一方で、夜テレビなんかをつけて、
「あ、5年目か」
と思ったという方もおられるだろう。

仕事が上手くいかなかった人もいれば、
プロポーズした人なんかもいるだろう。

いろんな「5年目」が、あったのだろうと思う。


あなたにとっての「5年目」は、
どんな一日だったでしょうか。
[PR]
by ton2_net | 2016-03-11 02:00 | Trackback | Comments(0)

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
最新の記事
梅酒がいい感じになって来ている
at 2017-03-11 23:20
SC5期、新年会
at 2017-01-09 23:19
2017年の元旦に感じたこと
at 2017-01-02 01:11
ことし読んだ本アワード・2016
at 2016-12-31 19:19
日常アート:お金
at 2016-10-04 12:39
「ゆかりの町」になる過程
at 2016-08-25 17:51
8月6日の「シン・ゴジラ」
at 2016-08-06 23:15
東京へ
at 2016-08-05 21:48
サラダ記念日
at 2016-07-06 09:01
なんだかんだ尾道
at 2016-06-25 09:14
記事ランキング
memo
最新のコメント
>JUN2さん そうだ..
by ton2_net at 13:52
いや、1年くらい前まで有..
by JUN2 at 10:33
以前の記事
カテゴリ