新しくなったton2net



<   2015年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧


1秒に勝る感覚

友人に、テレビの編集をしている女の子がいる。
最近、何人かと一緒に飲む機会があって、色々話を聞いてみた。

面白い話がいくつも聞けたのであるが、
一番びっくりしたのは、
「1フレーム単位で編集をする」という話である。

「特に、スポーツなんかは」とその女の子は言う。
「次のカットとのつながりで、1フレームあるか無いかで印象が変わって来たるするしね」。

ここで、「フレーム」という単位について説明しなくてはならない。
僕も曲がりなりにもテレビというものに関わって仕事をして初めて知ったのであるが、
テレビというのは、どうも”高速紙芝居”であるらしい。

なんとなく、静止画と動画は別物のように感じてしまうが、
動画は、なんのことはなく、
静止画をならべてぱぱぱっとスライドショーしているだけである。
当たり前と言えば当たり前で、パラパラマンガと同じですね。

で、今のテレビは1秒に30枚の静止画を並べて、
あたかもモノが動いているように見えている訳です。
その1/30秒の静止画一枚を「1フレーム」と呼ぶ。

1/30秒ですよ。0.03秒?
一枚、絵があろうがなかろうが絶対気づかないような気がするけど、
印象がやはり違う、とその女の子は言うわけです。

で、その基準は感覚で、「見ていて気持ちいいかどうか」だという。
すごい世界だなと思いませんか?
へぇ〜っと思いながら話に耳を傾けていた。


この話を聞いていて思い出したのが、
指揮者・岩城 宏之さんの『指揮のおけいこ』(文春文庫)という本。
ベルリンフィル、ウィーンフィルなど
数々のトップオーケストラで指揮した岩城さんが、
「指揮者って結局、何してんの?」を綴った名著です(大変面白かった)。

この中(pp.44-45)に、
指揮者が指摘する「遅い」とか「早い」という指摘について
具体的な数字を示した一節がある。

 リハーサルでの敷佐の仕事の何分の一かは、タイミングに関してである。
 「オーボエがちょっと早かった」
 「シンバルの出が少し遅いです」
 などと指揮する。

 この「ちょっと」とか「少し」がくせもので、具体的に数字で言うと、
 「0.03125秒」以下の誤差を言っていることになる。

 (中略)

 早足のテンポの一拍は、普通、メトロノーム120くらいだ。
 一拍は0.5秒である。
 途中を省くが、
 この一拍を八つに割った三十二分音符などはしょっちゅう出てくる。

 これ一個が0.0625秒だ。

 その音の出がちょっと早いとか遅いなどと言うわけで、
 「ちょっと」は0.03125秒以下ということになる。

ここでも、0.03秒という数字が出て来た。
人間の感覚というのは、1秒よりもはるか細かい所で働いている。
これも生きるために必要な能力として、進化したのだろうか。

テレビとかオーケストラとかいう世界ではなくても、
日常の会話の中で(相づちとか頷きのタイミングとか)、
きっとものすごく大事な働きをしているんだろうな。

1秒より小さな時間も、馬鹿にできないですよ。


[PR]
by ton2_net | 2015-10-31 18:46 | おすすめ作品 | Trackback | Comments(0)

漱石先生のお言葉を一つ

夏目漱石の書いた『愚見数則』の中に、こんな一節がある。
小智を用る勿れ。
権謀を逞ふする勿れ。
二点の間の最捷径(さいしょうけい)は直線と知れ。
うーん。すごい。
好きな言葉です。

[PR]
by ton2_net | 2015-10-30 12:07 | "言葉” | Trackback | Comments(0)

”水槽”の外から世界を見る

昔、さかなクンが朝日新聞にいじめについてのエッセイを書いていた。
中学だったか、高校だったかの体験。
誰かがいじめられたり無視されたりして、
その誰かがいなくなると、他の誰かをターゲットにしてそれが延々と続けられる。

水槽の中の魚に似ていると、さかなクンは書いていた。
広い海ではそんなことは無いのに、
狭い水槽の中に入れた途端、特定の一匹が攻撃を受けてしまうのだ。


我々にとっての”狭い水槽”とは何だろうか。
ほとんどの人は、「物理的には」どこにでもいける自由を持っているはずだ。
会社に行く途中に、逆向き列車に乗ることは、理論上可能である。
でも、「精神的には」そういうわけにはいかない。


たしかに、「何もかも捨ててカトマンズに行ってしまえ…」とまでは言えないとしても、
「あれ。考えてみたら実は、わたしって自由」ということを再確認というか、
感じる瞬間ってとても大切なのではないかと思う。

それは、”水槽”そのものを見てみるということかもしれない。
”水槽”を見るためには、”水槽”の外からの目線が必要だ。
”水槽”の中が世界のすべてであるならば、”水槽”を見ることはできない。

メタ的な視点。
それでいて、毎日を生きるために必要な視点。


こじつけみたいな終わり方になっちゃうような感じだけれども、
それをこそ「科学」の本来の形ではなかろうか…なんて、思ったりしている。

[PR]
by ton2_net | 2015-10-29 18:57 | Trackback | Comments(0)

煮た

e0126903_22310343.jpg

生姜と玉ねぎをごま油で炒めて、
人参、里芋、シメジ、舞茸に牛蒡も入れた。
鳥モモ肉も混ぜて炒めて、水を入れて煮る。
ざく切りしたほうれん草を乗せて、鶏がらスープの素で味付け。

最後に溶いた卵をかけて、出来上がり。


里芋の皮など向いていると、
「これが土と水と日光(と土中の何種類かの元素)で出来ているのか…!」と思う。

それぞれ美味しいものを、鍋に入れていくという作業は素敵ですよね。
どんどん美味しくなっていく手応えがあるよね。

手を動かして何かを作るというのは、楽しい。
[PR]
by ton2_net | 2015-10-28 22:20 | Trackback | Comments(0)

白銀神社でお祈りする

e0126903_09154410.jpg

福井県の敦賀市というところによく行く。

特急を使うと福井市から30分ということもあり、
仕事でよく行く。

写真は、駅の近くにある「白銀神社」。
境内の但し書きによれば、
敦賀市は昭和初期から大変火事が多く、火事予防の神様をお祀りした、とある。
名前の由来は、地籍でこの辺り一帯が「白銀」という地区だったからだそうだ。
へぇ〜。白銀。

駅前は何度も来ているけど、たまたま時間があるときにぶらぶらしていたときに見つけるまで、
全然知らなかった。

入ってみようと思い、10円を取り出して御賽銭箱へ。
ジャラジャラっとして、二回礼、二拍手。
(最近、別の神社で「うちは4回拍手してください」と書いてある神社があった。余談ですが。)

目を閉じて色々考える。
ええと、何をお願いしようかなあ。
なんか最近、住所も言わないと神様わからないよって人から聞いたから行っとこうかなぁ。ぶつぶつ。

などと言いながら、結構真面目にお願い…というか相談?した。
自分でもびっくりするくらい素直になった30秒であった。

一例して、鳥居をこえて、また元の世界へ戻っていく。

こういう一連が、なんとなく、好きである。

[PR]
by ton2_net | 2015-10-27 09:05 | Trackback | Comments(0)

偽善的白魔術(「人を呪わば、穴二つ」について)

「人を呪わば、穴二つ」という言葉がある。
人を呪えば、その呪いは自分にも返ってきますよ、と言う意味らしい。
穴とは、もちろん墓穴のことだ(と思う)。

「丑の刻参り」(頭にろうそく、わら人形に釘コンコン的な)というのだって、そうだ。
あれが怖いのは、現場を見てしまうと、その人が自分を追いかけてくることだ。
なぜなら、現場を見られると、
その呪いは全部釘を打っている人に帰って来ると言われているからだ。
だから、見た人を殺そうと追いかけてくるわけです。
(怖いな…ていうか、そこでダイレクトに人殺しちゃったら、
 鈍い殺そうとしている人を直接手にかけた方が早いのでは…。)

呪いは、そういう「リスク」をはらんでいる。
「諸刃の剣」、というのが呪いの重要な要素なのだと思う。


呪い殺す、という大層なことでなくても、
例えば人を傷つける、暴言を吐く、無視する…などなどのことも、
なんとなくそういう類いではないかと思う。

なんでと言われても困るが、そういう気がする。
自分で知らず知らずのうちに、自分の墓穴をせっせと掘る行為。


なるほどなあ、おそろしいなあと思うのであるが、
最近、その逆もあり得るのではないかという気もして来た。

人を傷つける”黒魔術”的な要素は、
”白魔術”的な要素にも、同じことが言えるかもしれない。

「人を癒せば…わーいわーい」、みたいな。
『ハチミツとクローバー』の羽海野 チカさんの漫画に出て来るテーマで
「相手を大切にすることは、自分を大切にすることと似ている」というものがある。
(『空の小鳥』という短編にダイレクトに描いてあります。)

なるほどなあと思う。


自分を大切にするために、他の人を大切にする。
自己犠牲とか、色々あるけど、なんとなく高尚な感じがするなあ。
「自分のため」とかいうと、昔は偽善的な気分にもなったものだけど、
偽善で何が悪いのかというのことも、最近思うのだ。

ものすごくものすごく自分勝手になって、
結局こうすることが自分にとって最良であると言う考えのもと、
人に優しくしたり、傷つけることをしないというのは、
まあそれでもいいんじゃないのという気がする。


偽善的白魔術。
「なんで人に優しくしないといけないのか」という質問の答えは難しいが、
その一つの側面だったりしないかなと思ったりしてみる。

[PR]
by ton2_net | 2015-10-26 05:56 | Trackback | Comments(0)

湯河原の海

e0126903_22441802.jpg

神奈川の湯河原というところに行ってきました。
海の近くに温泉があって…大変に素敵なところでした。

海では、サーフィンしている人々が大量にいて。
後ろを振り向くとすぐ山が迫って、
みかん畑が広がっていた。

のどかだ。
[PR]
by ton2_net | 2015-10-25 22:39 | Trackback | Comments(0)

寄席に行きました

e0126903_22384758.jpg
いってきましたよ。
新宿の「末広亭」。

新宿東南口あたりから、ふらふら5分くらい歩いた所にありました。
新宿駅は高速バス乗り場とか、よくいってたけど。
こんなに近くにあったんですね。

受付で3000円はらって、何時間でもいられるシステム。
知らない(申し訳ない)落語家さんたちがたくさん出て来た。
すごいなあと思う人がたくさんいた。
落語の世界は、広いのだ。

落語だけではなくて、漫才、大道芸(大神楽)も見る事ができる。
桟敷席にすわって、おかし食べながら気楽に見たけど、
予想以上に面白かったですよ。

また行きたい。

[PR]
by ton2_net | 2015-10-24 22:38 | Trackback | Comments(0)

猫じいさん

e0126903_06305628.jpg
家の近くに、やたら太った猫がいる。
写真ではあんまりうまく伝わらないかもしれないが、すごく丸丸している。
何を食べたらあんな体格になるんだろう?

やたらふてぶてしい感じだけれども、猫はそういうところがまた可愛かったりする。
得な生き物だなと思う。

通勤時や休日の散歩時にみかけて、ちょっと遊んだりするのだが、
最近、ふと「猫じいさん」のことを思い出した。


昔、大学の寮に住んでいた。
敷地のやたら広い大学で、寮の周りにも空き地が山ほどあった。
道もやたら広かった。
田舎だったのだ。
その割には寮の一人部屋は狭くて、5角形という謎の構造だったけど。

空き地にベンチがぽつんとある場所があって、そこに猫じいさんはいた。
いつも、猫にエサをやっていたが、集まって来る猫の数が半端ではなかった。
誇張なしに、20匹はいた。
しかも、じいさんの肩とかに猫が乗ったりしているのである。
いつも、猫に向かって何事かを話しかけていた。
猫たちとじいさんは、本当に親密そうに見えた。

猫じいさんは、その寮(いくつか寮があった)に住む学生たちにとっては
一つのアイコンというかマスコットキャラクター的な存在であると同時に、
自分たちとは決して関わり合いを持つ事の無いであろう、「変わりもの」として見られていた。


学生新聞に、一度だけこの猫じいさんが特集されていた事があった。
(いま思えば、もっとちゃんと読むなり、記事を切り抜いたりしておけばよかった。)
記事に寄れば、
「猫じいさんは、オスの三毛猫を見たことがある、と記者に誇らしげに語った」
ということだった。

(つづく)

[PR]
by ton2_net | 2015-10-23 06:29 | つくば | Trackback | Comments(0)

米はペットボトルに

e0126903_06221037.jpg
お米はペットボトルに入れて保存している。
昔、虫が出て来て悲しい思いをしたので、2年前くらいからはじめている。
専用ろうとで入れて(売ってるんですねこれが)、冷蔵庫の中で保存。
米も息をしているということらしいので、少し穴をあけたりして。

しかし、新米はおいしい。
昨日の夜も、つい一合食べてしまいましたよ。
食べ物がおいしいって言うのはいいことだね。


最近、職場の後輩たちと家で鍋をした。
ことし初鍋だったが、本当に美味しかった。
土鍋とカセットコンロから始まるものがあるよね。

大学の頃を思い出した。

[PR]
by ton2_net | 2015-10-22 06:20 | その他色々 | Trackback | Comments(0)

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
>JUN2さん そうだ..
by ton2_net at 13:52
いや、1年くらい前まで有..
by JUN2 at 10:33
以前の記事
カテゴリ