新しくなったton2net



<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


文学的なカツ丼

出張の合間の、久しぶりのお休み。
東京は雨だったので、午前中は喫茶店でメールを書いたりして過ごし(あったかいコーヒーが飲めるようになりました)、午後はホテルの部屋に戻り、iPad版太鼓の達人をして遊んでいた。

気づいたら、3時過ぎになっていた。
どこかでお昼食べたいなあと思ってぶらぶらしていたら、「カツ丼」という幟が。入ってみることにした。
入ってみると、果たして、すごくいい感じのお店なのであった。

どういい感じなのかというと、それは吉本ばなな的に良いのである。「キッチン」という小説の終盤に、主人公が出張先の見知らぬ土地のカツ丼やに入るシーンがある。そこはきれいな白木のカウンターだけの店で、入った瞬間「ここの料理は美味しい!」と直感するのだ。そして今日入ったお店は、吉本ばななは、ここをモデルにあの小説を書いたのではないか…と思うほどに、そのものずばり、のカツ丼屋だったのだ。

お店は、女将さんとその娘さんらしき人が二人でやっていた。お茶を出してくれるが、注文はとらない。壁を見るとメニューはカツ丼とビールしかないのだ。

果たして、カツ丼が目の前に並べられた。いかにも「カツ丼だけですよ。それ以外は盛りませんよ、私は」という感じのするどんぶりなのもいい。中を開けてみると、湯気の中から100%本物のカツ丼が現れた。細めに切り分けられたサクサクっとしたカツ、程よい炊き加減と分かる白くて粒のたったご飯。そして玉子は、あっ早く食べてくださいねいままさに作りたてなんですから的に、まだすこしぐつぐつとしているのである。そこに、絶妙な甘みとこくを持ったたれがかかっているのである。

まさに至福であった。

帰り際、女将さんに、「このタレの甘みは絶妙ですね。使っているのは砂糖だけですか?」と聞いたら、「実はタレは若干辛めなんですよ。でも、豚肉が甘くって、一緒に食べると甘く感じるのです」とのお答えだった。そういうこともあるんですね。

東京の街というのは、人が多すぎて、うるさくて、空気が汚いところだと常々思うのだが、こういう「文学的なカツ丼」みたいなものに少しづつ出会いながら、人は一つの街が段々好きになっていくのかもしれない。

e0126903_17091372.jpg

[PR]
by ton2_net | 2014-12-20 17:07 | Trackback | Comments(2)

つくばという場所

今日は、仕事でつくばへ。
TXに乗ってつくばセンターからバスに乗る。
バスは、本当は目的地に最寄りの停留所があったのだけれど、
ついつい懐かしさのあまり途中で降りてしまう。
たまたま早く着きすぎて、時間に余裕があったということもあるのだけれど。

「ループ」を歩くと、落ち葉がさらさらと上から流れてくる。
空は、どこまでも青い。
こんなにきれいな場所だったっけと、
なんだか、本当に不思議なことだけれど、少し泣きそうになった。

なぜだろう。

考えてみたら、ここに来るのは卒業して以来初めてなのではなかったっけ。
地震があって、卒業式もないままに、ばたばたとみんなと別れて。
働き始めて、そこからまたさらに本格的なばたばたになって。

どうしてこんなに長く来ることがなかったのだろうと最初は不思議に思っていた。

どうしてつくばマラソンにエントリーしなかったんだろう。
どうしてワンゲルの新年会に参加しなかったんだろう。
でも多分、そういう疑問を感じることもないくらい、余裕がなかったのだと思う。

つくばに最初に来て暮らした、
「平砂宿舎」(兄は未だに「収容所」と呼んでいる)を見にいく。

がくっとくるほど、何にも変わっていない。
相変わらず汚くて、雑然としていて、五角形で、自転車がそこかしこに散らばっている。
留学生らしき二人がこっちを見て、会釈をしてくれる。
さらさらと、ここにも落ち葉が優しく降り注いでいる。

その時はその時で、余裕は無かった。
冬山の計画書を書かなくてはいけなかったし、
相変わらず陸上では高校のベストを追い抜けていなかったし、
好きだった女の子に手紙を出しても、返事は帰って来なかった。

それでも、いろんな人と出会って、たくさんの事を感じて、
4年ぶりに訪れた場所には、確かに「懐かしさ」を感じることが出来た。

その「懐かしさ」そのもの、もそうなのだが、
それを「感じられる」ということにこそ、励まされるように思う。
今だって、それはたまには大変なこともあるけれど、
きっといつか、懐かしさを感じられるんだろう。

年を取るということは、ある意味では悲しいことだ。
だけど、「懐かしい場所」が少しずつ増えていくという、そんな特典だってある。
e0126903_22513241.jpg

[PR]
by ton2_net | 2014-12-02 22:51 | つくば | Trackback | Comments(0)

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
最新の記事
梅酒がいい感じになって来ている
at 2017-03-11 23:20
SC5期、新年会
at 2017-01-09 23:19
2017年の元旦に感じたこと
at 2017-01-02 01:11
ことし読んだ本アワード・2016
at 2016-12-31 19:19
日常アート:お金
at 2016-10-04 12:39
「ゆかりの町」になる過程
at 2016-08-25 17:51
8月6日の「シン・ゴジラ」
at 2016-08-06 23:15
東京へ
at 2016-08-05 21:48
サラダ記念日
at 2016-07-06 09:01
なんだかんだ尾道
at 2016-06-25 09:14
記事ランキング
memo
最新のコメント
>JUN2さん そうだ..
by ton2_net at 13:52
いや、1年くらい前まで有..
by JUN2 at 10:33
以前の記事
カテゴリ