新しくなったton2net



<   2014年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧


朝焼け

最近、朝五時くらいに起きたら、窓からちらっと空が見えて。
その時、朝焼けで空がすごく赤く染まっていて、
あまりの赤さに、珍しく起きて、写真を撮った。
e0126903_038592.jpg

撮り終えて、顔など洗っている五分くらいの間に、
空はいつもの空に戻っていた。

そのとき、その瞬間にしか出会いないものがある。
存在自体を知っていれば、出会う事はそれほど難しく無い。
けれども、私たちはそういうものが日常の中に潜んでいること自体を
知らずに通り過ぎて行く。



湯本香樹実の作品に、『夏の庭』という名作がある。
少年三人が、近所のおじいさんの”死”を見たいという動機から始まる、
少年たちとおじいさんとの、一夏の心の交流を描いた物語だ。

その中で、主人公・木山がホースの水で出来た虹を見る場面で、
湯本はこんな風に書いている。

太陽の光の七つの色。
それはいつもは見えないけれど、
たったひと筋の水の流れによって姿を現す。
光はもともとあったのに、その色は隠れていたのだ。
たぶん、この世界には隠れているもの、
見えないものがいっぱいあるんだろう。
(中略)
ぼくが見つけるのを待っている何かが、
今もどこかにひっそりと隠れているのだろうか。

ふと立ち止まって考えてみる毎に、もうこんな年になったのか、と思う。
少しは成長したんだろうか、とも思う。
その時の”成長”というのは、
どこかにある「今は無い何か」を手に入れる事なのだと考えがちだけど、
本当は「今も僕が見つけるのを待っている何か」に
気づけるようになる事なのかもしれない。

あの、信じられないくらい赤い、朝焼けの空のように。
[PR]
by ton2_net | 2014-08-11 00:55 | Trackback | Comments(0)

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
最新の記事
記事ランキング
memo
最新のコメント
>JUN2さん そうだ..
by ton2_net at 13:52
いや、1年くらい前まで有..
by JUN2 at 10:33
以前の記事
カテゴリ