新しくなったton2net



<   2012年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


僕の「仕事論」(モチベーションとしての仮説)

人生は、どれも皆、「物語」である…。
いや、そこまで強くは言えないか。
人生にとって、「物語」は重要な役割を果たす。
くらいかもしれない。
とにかく、数少ない、本当に数少ない僕の人生の主題として、
「物語」というものがあると思う。
「物語」とは何か…。

一人一人の人生が物語だとすると、
様々な人の物語が交錯する「点」や「線」
(もしくは、「面」的な物語もあるのかもしれない)
に「情」が生まれる。
同情だったり、友情だったり、愛情だったり。
たった一人の人生でも、「物語」たりうると僕は思う。
生まれて間もなく、無人島に流れ着き、
いかに生きて、いかに死んだのか…。
それはそれで興味のある物語だと思う。
けれども、物語の始まりには母がいて、父がいる。
どんな人間にも、親がいる。
本当に独立した「物語」というのは、あり得ないのかもしれない。

そして、「交錯する物語」が、自分の物語を彩って行く。
ある瞬間には、物語の方向性を変えてゆく。
つまり、自分の人生という物語が、他の物語から影響を受ける。
もっと言えば、自分の物語が自分の人生をの方向性を決定する事も有るんだと思う。

高校くらいまでは、僕の人生は僕のものだと思っていた。
言い換えるならば、自分の物語は自分の物語で、
他人は「自分の物語」からすれば、
根幹の物語には影響が無い、いわば脇役なのだと思っていた。

でも、そうではないんだと分かって来た。

「自分」の中に、忘れがたい物語として、
他の人の物語がしみついている。
そして、そのしみついて物語は、自分の意志とは別に、
勝手に進み、展開してゆく。

その展開した物語に、今の自分の発する物語を重ねて、
反応を見てしまう。
今回作った作品は、彼らの目にどう映るだろうか。
胸を張って、見せる事ができるだろうか、と。


僕の物語の楽しみ方として、
「気に入ったものを何度もなぞる」
というやり方が有る。
何回も何回も、そのすてきな曲線を指でなぞるように
言葉を噛み締めながら読む。
それは、まるで曲線のようだと思う。
自分では思いつかないような、
でも自分の根幹を揺るがすようなそのパラメータ。
どうしたらこんなに美しいカーブが描けるのだろうと思う。

そういう人生(=物語)と、僕は既にいくつか出会う事ができた。
それはとても幸運な事で、至らないところが無数に有るけれども、
それでも僕は基本的に大丈夫なんだろうな、と思うことができる。
それは、すごい事だと思う。
きっと、僕の中で、もうその物語が命を得て、ずっと動いているからだ。
有り難いと思う。
そして、できるなら、その恩返しが、
どういう形であれ、できたら良いなと思う。

つまり、良い出会いは、人の心の中に「良い物語」を作る。
「良い物語」とは、「生きた物語」である。
それは、生々しいものであり、有る意味では自分を阻害するものたりうる。
でも、それは、人生にとってプラスであると、僕は思う。
それは「呪縛」とか「コンプレックス」とか、様々なマイナスの面でも作用しかねないものだ。
いわば「劇薬」である。
けれども、そこで「自分」が試され、「自分」が生まれる。
それを不幸だとおもわずに、幸せだと思えたとき、
絶対にそれはプラスに働くのだと、僕は個人的に思う。

しかし、出会いは縁でもあり、また、うっかり通り過ぎてしまう可能性も多分に含んでいる。
「自分はなんて不幸なんだろう」と思う人もいるだろう。
「周りの人がもうちょっとましなら」と思う人もいると思う。
それは、本当に不幸な事だと思う。
想像してみるに、ちょっと辛い。
じゃあ、自分はどんだけましな人間なのか?という常識的な問いを持てたとしても、
そう思ってしまったら、もうどうしようもない。
悲しいスパイラルに陥ってゆく。
そういう人たちにもし自分が何かできるとしたら、
それは擬似的な出会い…作品としての出会い、物語を提供する事なのではないかと思う。

色々ぐだぐだ書いて来たけれども、つまりは
「まぁ、明日もなんか頑張ってみようかな」と思う物語。
そんなものが作れたら、本当に最高だなと思う。


僕の、本当に拙い物語。
たくさんの人とのこれまでの出会いで、
ようやくエピローグから本章に進み始めたような予感が、実は最近している。
色々、辛いけどね。
まぁ、頑張ろうと思う。なんとなく。
[PR]
by ton2_net | 2012-10-14 01:08 | キャリア・デザイン | Trackback | Comments(0)

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
最新の記事
梅酒がいい感じになって来ている
at 2017-03-11 23:20
SC5期、新年会
at 2017-01-09 23:19
2017年の元旦に感じたこと
at 2017-01-02 01:11
ことし読んだ本アワード・2016
at 2016-12-31 19:19
日常アート:お金
at 2016-10-04 12:39
「ゆかりの町」になる過程
at 2016-08-25 17:51
8月6日の「シン・ゴジラ」
at 2016-08-06 23:15
東京へ
at 2016-08-05 21:48
サラダ記念日
at 2016-07-06 09:01
なんだかんだ尾道
at 2016-06-25 09:14
記事ランキング
memo
最新のコメント
>JUN2さん そうだ..
by ton2_net at 13:52
いや、1年くらい前まで有..
by JUN2 at 10:33
以前の記事
カテゴリ