新しくなったton2net



<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


バッハとクリストフ。自分自身で組み立ててゆくこと

ヨハン・セバスティアン・バッハ(J. S. Bach)は、9歳の時にお母さんを、そして翌年にはお父さんも亡くしています。
バッハは故郷のアイゼナハを離れ、オールドルフの町でオルガン弾きをやっている長兄クリストフに引き取られることになりました。

一緒にオールドルフの町に来た三歳年上のヤコブは一人でアイゼナハに帰ることになり、バッハはさみしい思いをします。
長兄クリストフはそばにいてくれるものの、故郷を離れ、幸せな生活から一転、ひとりぼっちになったような気がしてしまいます。
そんなバッハを慰めたのは、やはり音楽でした。
バッハは勉強が好きだったので、学校で教わることでは満足せず、自分でオルガンの仕組みを調べたり、音楽に関する本を読んだりしていました。

ある日、バッハはクリストフ家の屋根裏で「大発見」をします。
クリストフは、ベーム、フィッシャーやパッヘルベルなどの著名な音楽家の作曲した音楽の楽譜を、屋根裏部屋にしまっていたのです。
バッハはクリストフに、目をわるくしないため、夜ろうそくの明かりで本を読んだり、勉強したりすることを禁止されていました。
しかし、明るい月夜には、こっそり夜中に起きだしては、その楽譜を写譜する作業に没頭していました。
あまりに夢中で、時間を忘れてしまうほどでした。
楽譜を通してバッハは、屋根裏部屋にいながら、過去の偉大な音楽家たちと、月夜の晩に交流していたのでした。

半年もたつと、バッハは楽譜を全部写してしまいました。

しかし、次の日の夜、クリストフがバッハの部屋に来て、夜中にこそこそと出歩いたり、許可なく楽譜を写したりするのはよくないことだよ、と言い、バッハがせっかく写した楽譜を取り上げてしまいます。
うつむくバッハに、クリストフは優しく言います。

「セバスティアン、僕はお前が憎らしくて言ってるんじゃないぞ。お前はまだ小さいからわからないかもしれないが、もう少し大きくなったら、きっと今夜の俺のしたことが分かってくれると思う。いいか、セバスティアン、よく聞いてくれ。ぼくはお前にとても期待している。お前の素晴らしい天分は、うらうやましいくらいだ。だから、今この楽譜集は見せたくなかったのだ」
「なぜですか、お兄さん」
「 … セバスティアン、お前はバッハ家に実った大きな果実だよ。たぶん僕なんかを簡単に乗り越えてしまうだろう。今はとても大切な時だ。悪くすると小さく固まってしまう。
 将来大きく伸びるためには、お前のような小さな時から、変に完成した音楽を身につけないほうがいい。そう思うのだ。
 せっかく写したんだが、この楽譜はあずからせてもらう。僕の言っていることは、きっとそのうちわかる時がくるよ」
『音楽の父 バッハ』, やなせたかし(音楽之友社) p.42



その後、バッハはそれまでにはなかった、新しい音楽を数多く残します。
その音楽への功績が讃えられて、今ではバッハのことを「音楽の父」と呼ぶ人もいます。


バッハが子どもだったころの音楽の勉強法としては、楽譜を写すことは、一般的なものでした。
しかし、クリストフは、それをやめさせました。
(もしかしたら、気づいていたけど全部写し終わるのを待っていたのかもしれませんが。)
なぜでしょうか。

きっと、クリストフは、「良い」「悪い」は、自分で決めろ、とバッハに言いたかったのだと思います。
「偉い先生が書いた音楽」が、「良い」のだと思ってしまえば、その音楽家らには想像もできない、別な「良さ」を考え付く可能性が減ってしまうかもしれません。

私たちは、大人たちが過去に悩み、苦しんだのと同じことで悩んだり、苦しんだりしていることが多くあります。
なぜ、記憶や経験は遺伝しないのか?
その方が手っ取り早く、種として生存できる可能性も増えるのではないかと、思ったことがあります。

でも、人は、同じことを経験したり、同じことで悩んでも、ひとそれぞれ出す答えが違います。
これまでにたくさん悩んで、考え、素晴らしいアイデアを出してきた人たちとは違う方向性を持った、新しい考えにたどり着く可能性を秘めています。
そうやって、新しい環境に適応した知識や技術を生み出してきたのです。

きっとクリストフは、先人の音楽をなぞるのではなく、まずバッハにひとつひとつ知識や経験を積み上げて、自分なりの良いと思う音楽を作って欲しかったのだと思います。



この話は、バッハに限った話ではありません。
例えば、日本では最近、マイケル・サンデルという先生の授業が大きな話題を呼びました。
この人は、「正しい行いとは何か?」ということについて授業をしました。
その授業の中でこの先生は、アリストテレスやベンサム、カントのような著名な哲学者が出した答えに、身近な例を用いて、教室の中にいる自分たちでたどりつくことはできないか、という「実験」をしました。

偉い人の考えをそのまま受け入れるのではなく、たとえ小さなことからでも、自分で考え、積み上げていくこと。
そうすることによって、今までにない、新しい道を拓くことができる可能性を信じること。
クリストフがバッハに言いたかったことが、また見直されつつあるのではないかと、私は思います。
[PR]
by ton2_net | 2011-02-23 16:15 | Trackback | Comments(0)

謝罪と許容

twitterのすなる「連続ツイート」なるものを、にわかtwitterもしてみむとてするなり。

謝罪と許容(@Hiroto_OOISHI
むかしある先輩にすごく失礼なことをしてしまって、怒られた。会った瞬間、「取り返しのつかないことをしてしまった!」と気づいたが、もう遅い。あの時を思い出しただけで、ぞっとする。

その先輩に、「なぜそんなことをしてしまったのか」と聞かれ、素直に理由を話すと、溜め息と一緒に「…無いわ」と言われた。ガツン!ときた。

それから、平謝りしたけど、空気がはりつめるような雰囲気のなかで、激しく怒られた。訥々と言われる方が、応える。「完全にこの人の信頼を失ってしまった」と思った。

先輩が話終わって、「本当にすいませんでした」と言った。けれども少し泣きそうになって黙っていると、少し沈黙があった後で「何、黙ってんだよ」と先輩がいってくれた。いつもの先輩の笑顔が有った。

そのときも その先輩のことをすごいとおもったがまだその時は本当に先輩の気持ちをわかってはいなかった。3年たった今なら、その気持ちがもう少しわかる。

多分、先輩は後輩である自分のことを、好きでいてくれたんだと思う。けれども、してしまったことに対しては、絶対に繰り返してはいけないよ、と言うメッセージがあった。そして、わかったなら、この件はもう終わりだよと、有無を言わせない笑顔。本当に本当に素敵な方だなと思う。

誰でも間違える。間違いは、特に他人に失礼を働いてしまった様なときは、真摯に反省しなければならない。でも、これはこれ、それはそれ。好きだから言うんだよと笑顔でかたった先輩。とても真似できませんが、志を見習って、精進したいと思います。みんなで助け合って、磨きあおうよ。

ふと、自分の過ちと偉大な先輩について思い出したので、連ツイしてみました。返信に代えて。ちなみに、この偉大な先輩というのが異名を「黒い悪魔」と申します。以上です。お休みなさい。
[PR]
by ton2_net | 2011-02-22 23:59 | 陸上 | Trackback | Comments(0)

大学生活で学んだこと(草稿・その2)

「一寸先は闇」
どうなるかわからないところで前のめりになれるか。
ちからばし。

「冒険の共有」
形や道は違っても、遠くにいても、人は一緒に冒険できる。
[PR]
by ton2_net | 2011-02-14 12:36 | その他色々 | Trackback | Comments(0)

大学生活で学んだこと(草稿・その1)

言葉は、意味のパッケージ。
その意味は、暗黙知的なもので、言葉にできない。

無理に言葉にしなくてもいいものもある。
沈黙が伝えられるものは、想像以上にたくさんある。
沈黙とは、言葉に頼らないコミュニケーションの総称のこと。

人を好きになるには主に2種類ある。
その人の「何か」が好きということ。
その人「自身」が好きであると言うこと。
後者は、一件曖昧に見えるが、簡単にくずれない。

無理をしない。
できることからやる。
でもその本質は、「やってみてできたことが、自分のできること」で、
それをやり終えた瞬間に、次の扉が開いている。
[PR]
by ton2_net | 2011-02-10 08:20 | その他色々 | Trackback | Comments(0)

「それが、冒険の共有というやつです」

登山家の栗城さんと、twitterでやりとりさせて頂いた。
@kurikiyama 栗城史多
登山家。エベレスト8848mの単独・無酸素登頂に挑戦中。多くの人と夢を共有し、一歩を踏み出す勇気を伝えるために、ヤフー/mu-mo/Ustによる世界初の登頂インターネット生中継を予定。 Japanese solo climber. Re-challenging the Everest from July 2011.http://kurikiyama.jp/
twitterプロフィールより



@kurikiyama
エベレストは終わりじゃなくて始まりです。エベレストを登ってから全てが始まります。終わりだと思っていたらそれは間違いです。

@Hiroto_OOISHI
@kurikiyama 4月から、希望していた仕事に就けることになりました。無意識のうちに、栗城さんの言葉の「エベレスト」を、「就職」に置き換えていました。ありがとうございます。

@kurikiyama
それが冒険の共有というやつです。RT @Hiroto_OOISHI @kurikiyama 4月から、希望していた仕事に就けることになりました。無意識のうちに、栗城さんの言葉の「エベレスト」を、「就職」に置き換えていました。ありがとうございます。

@Hiroto_OOISHI
@kurikiyama 読んだ瞬間、この先僕は、この「冒険の共有」という言葉を忘れないだろうと思いました。みんなで一緒に登ることができるんだ。それぞれの山に。頑張ります。本当にありがとうございました。

@kurikiyama
人それぞれの自分の山を一緒に登ろう。共に成長を RT @Hiroto_OOISHI @kurikiyama 読んだ瞬間、この先僕は、この「冒険の共有」という言葉を忘れないだろうと思いました。みんなで一緒に登ることができるんだ。それぞれの山に。頑張ります。本当にありがとうございました。


とても、大切なことを教えて頂いた気がした。
「冒険の共有」。
それは、挑戦する事、そしてその挑戦を表現することの一つの意味でもある。
そういう観点からすれば、冒険家は、サッカー選手なんかとおなじようにれっきとした職業だ。
そして、誰もが冒険家になることができるのだ。
[PR]
by ton2_net | 2011-02-01 04:19 | ワンダーフォーゲル | Trackback | Comments(0)

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
検索
最新の記事
記事ランキング
memo
最新のコメント
>JUN2さん そうだ..
by ton2_net at 13:52
いや、1年くらい前まで有..
by JUN2 at 10:33
以前の記事
カテゴリ