新しくなったton2net



<   2010年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧


”やる気”はどこから来るか

「問題はできるかできないかではない。
 やるか、やらないかだ。」
と、村上 龍が「13歳のハローワーク」で言っている。

「昨日より今日、今日より明日」という言葉もあるし、
S研ゼミはCMで「やれば、上がる」とか言っている。

確かにそうなのかもしれないなぁ、と思うけど、
問題は「どうすればやる気になるのか」という事だ。

「やった方が良いのは分かってるけど、どうにもやる気にならない」
ということはよくあるように思う。
けれども、このときの「やった方が良いのは分かる」と言っているのは、
「周りの人がやった方が良いと言うから」とか
「一般的にやるのが普通だから」というレベルのものが多い気がする。
つまり、”借り物の理由”はやっぱり少し弱い気がする。


少し前の話だが、陸上の後輩の女の子に聞いた事がある。
あなたは、いつも驚くくらい自分を追い込めているように見えるけれど、どうしてそういうことが可能なのか?

その子は答えた。
「わたしは、他の人に比べたら練習の頻度は少ないかもしれないんだけど、
 やる時はタイムとか関係なく、追い込むんです。
 なんで追い込めるか、はよくわからないけど…
 私は、陸上というスポーツは自分に合ってるんだなぁって思う時がありますよ。
 なんでか分からないけど、追い込める時があるから。」 

僕はこれを聞いた時に素直に感動してしまった。
すごいなぁ、と思った。
強い、と思った。

まず、「なぜ追い込めるのか」という問いに対して、本人もよくわかっていないという事である。
多分、それは言葉とかではなくて感覚に近いものなんだと思う。

たとえば「なぜ勉強をするのか」という問いに対して
「受験勉強に受かるため」とか
「より良く生きるため」とか、
反射的にきっちり「言葉」で理由が返せるのは、ある意味アブナいことのように思う。

「苦しくても、嫌になりそうでも、でもなぜだか続けてしまう」レベルのモチベーションは、
到底、簡単な言葉では説明できない大きさなのではないかと思う。


長距離走をやっている人たちを見ても、
なぜこんな苦しい事をやっているのか?
という問いに対しては
「Mだから」
「惰性で」
とか、なんとなく笑いにしてお茶を濁す事が多いと思う。
これぞ、”無記”ではないかな。
多分それぞれ、理由はあると思うけれど、自分でもうまく言葉で説明できないのではないかと思う。

受験とか、練習とか、就活とか、そういう”目先のこと”のモチベーションはどこから来るのであろうか。
僕にはまだよくわからないが、個人的に「すごいなぁ」と思う人の多くは、
このモチベーションが、”最小構成要素”であるということである。
それ以上分割できない。
そのモチベーションの理由を、自分でもうまく説明できない。
プリンシプル。

それは、言葉にすらできなくて、「考えるな、感じろ」ということかもしれない。
[PR]
by ton2_net | 2010-07-31 23:06 | Trackback | Comments(2)

名前を覚える方が大変そうだ

「元素」に関する動画は結構あるらしい。

元素を擬人化して、覚えるとか言う動画。
これなら記号を覚えた方が楽なんじゃないかとおもうが、
コメントには「私が化学勉強している時にこの動画があれば…」
なんてコメントもある。
わけわからん…


なんとNHKで「エレメントハンター」なるアニメを放送中らしい。
わけわからん…
友達の噂では、
「こ、こいつはBCS理論によりうんちゃらかんちゃらだ。これは強敵だぞ。」
とかかなり高度な事言うらしい。

[PR]
by ton2_net | 2010-07-29 11:58 | おすすめ作品 | Trackback | Comments(2)

本村さん

国立科学博物館@上野で毎日新聞科学環境部の本村さんのお話をお聞きする.

難しい話を分かりやすく,というのはまだ簡単で,
わかってない話,不確かな話をどう報道するか,が非常に難しいですね.

とのこと.なるほど.

科学報道を続けられるモチベーションは?
という問いには,
「自分自身が楽しいから.
 想像もしなかったことの仕組みがわかって,面白いと思う.
 自分が面白いと思ったことをほかの人にも伝えることが純粋に楽しい」
とおっしゃっていた.

自分が知った面白いことを,他の人に伝える.
いい仕事だなぁ,と思った.
[PR]
by ton2_net | 2010-07-26 19:01 | SC・メディア | Trackback | Comments(0)

「キッチン」を読んでみてね

”坊っちゃん”には”きよ”がいるが、”桜井みかげ”には最初、"台所"しか無い。

この違いが、現代の若者の孤独をよく表しているのだ、と何かの本に書いてあった。
吉本ばななの「キッチン」には、身近な大切な人の死を経験してしまった主人公みかげと
みかげの居候先となる家の一人息子、雄一の心の交流が描かれる。
e0126903_20594078.jpg

続編の「満月-キッチン2」で、みかげがカツ丼屋から旅行中の雄一に電話をかけるシーンがある。
表面上は何気ない会話を続けながら、みかげのカンは、「ぞっとするほど」冴えるのである。

二人の気持ちは死に囲まれた闇の中で、ゆるやかなカーブをぴったり寄り添って回っているところだった。
しかし、ここを越したら別々の道に別れはじめてしまう。
今、ここをすぎてしまえば、二人は今度こそ永遠のフレンドになる。

間違いない、私は知っていた。

でも私はなす術を知らない。それでもいいような気さえ、した。
(p.123)


みかげは電話を切った後、ものすごい脱力感に襲われ、
「ふれあう事の無い深い孤独の底で、今度こそ、ついに本当のひとりになる」
のだと感じる。
しかし、その後出された「すごいおいしさ」のカツ丼を食べた時、
みかげは衝動的に言っていた。
「おじさん、これ持ち帰りできる?もう一つ、作ってくれませんか。」

みかげは、届けたカツ丼を食べる雄一を見て、「やるだけのことはやった」という気持ちになる。
そこで選んだ彼女の「なす術」は、「素直に語る」ことだった。
先を考える事もやめて、ただ心の中にある言葉をすくい上げて言葉にする事だった。

そして物語は完結へ向かう。
雄一は決断し、みかげは「すべての答え」を感じ取る。



「恋愛」の定義を、早稲田大学の日本近代文学研究者 石原 千秋は次のように語る。
『ノルウェイの森』は、「ワタナベトオルの物語」と「直子の物語」が葛藤した錯綜体だったのである。
繰り返す。文学はそれを恋愛小説と呼ぶ。
そして、この錯綜した二つの物語を、「恋愛」と呼ぶ。
(石原 千秋「謎解き 村上春樹」p.327)


「交わる」や「沿う」ではなく、「錯綜」(複雑に入り組む事)という表現が、
リアリティを増している気がする。

みんな、一人一人が、本当に様々な事を考えて、
真剣に悩んでいる。
「錯綜」まで行かなくとも、大学に入っていろんな人と道を
交えたり、沿わせてもらっている気がしている。

他人と100%分かり合うことができないとしても、
人は誰でも死ぬとしても、
どうせ100億年先には地球は膨張した太陽に飲み込まれるのだとしても、
それは素敵なことで、嬉しい事だと思う。


そんなことを考えるきっかけになる(かもしれない)「キッチン」。
ぜひ読んでみてね。(貸し出し可)
[PR]
by ton2_net | 2010-07-25 21:09 | "言葉” | Trackback | Comments(4)

程よい距離

原子核のポテンシャルには、”核力芯”というものがあって、
核子が中心に近づこうとすると、無限に発散する力で押し返されてしまう。

地球は、太陽と程よい関係にあって生命を育めたのだという。


無理に、近づきすぎなくても、”適正距離”というものがあるのかもしれない、と思う。
その適正距離で、お互いの存在を感じて、そこで精一杯がんばる。

朝に成れば日が登るし、夜でも月に反射した光は、太陽の存在を感じさせてくれる。
”ここ”でできること。
「遠いから」とか「近すぎて」とか良いながら、言い訳しない事。

離れていても、今、この瞬間も、がんばっているのは自分だけじゃない、と信じて
全力を出せること。
[PR]
by ton2_net | 2010-07-23 02:39 | その他色々 | Trackback | Comments(2)

明日発表

明日はまた科学博物館へ。
眠い…
最終的に博物館に来館された方へ自分の専門分野に関する15分のトークを行おうというもの。
明日は準備段階ということで5分お話。
スライドの1頁目。
e0126903_0132276.jpg

まっきーさんに教えてもらったparticle zooから引用。
明日も寝坊しないように気をつけなければ…
[PR]
by ton2_net | 2010-07-22 00:14 | 物理学 | Trackback | Comments(0)

'10 24時間リレーマラソン

今年も出場しました、24時間リレーマラソン!
OOishi cameraで振り返ってみましょう。

e0126903_7281973.jpg

ドキドキ☆配車くじ 慣れないドライバーも存在し、本当にドキドキです
e0126903_7284277.jpg

やけにうれしそうなじいさん この後さらにテンションは上がり続けるのだった
e0126903_7292596.jpg

S馬氏の仮装 下らへんが怪しい…
e0126903_7295989.jpg

毎年恒例ゆかたラン♪ いいですね。夏ですね。
e0126903_731876.jpg

人々は「赤いスペーシアに手を出し始める…
e0126903_7313634.jpg

今年も活躍しました スペーシアXです。
e0126903_7323787.jpg

自分の自己新を報告するじーさん 元気すぎる…
e0126903_733182.jpg

ファンサービスもしっかり行うアンカーF田君
e0126903_7341183.jpg

2連覇は成らなかったが、表彰を受けるイカ

良い大会でしたね。
来年も出たいな。


e0126903_73503.jpg

家に宿泊されたトモさん、I塚さんも無事ご帰還なされた。

じーさんや社会人の皆様、スーパーバイザーのイカ君、
そしてまっきーさんありがとうございました。
[PR]
by ton2_net | 2010-07-21 07:47 | 陸上 | Trackback | Comments(3)

雑多な記事

24時間リレーマラソンに出てきました!
後ほど書く予定です。
いや〜良い大会でした。
やはり夜が良いね。夜が。
朝の一本ガタ落ちランが悔やまれる。

昨日はback numberのライブに行ってきました。

その後、ヤマグチ君宅へお泊まり。
相変わらず新居も居心地が良くて、危うく今日遅刻しそうでした。

国立科学博物館で集中授業。第一日目。
なかなか本格的な感じ。
研究も進めないと。
[PR]
by ton2_net | 2010-07-20 23:22 | その他色々 | Trackback | Comments(0)

準備万端…?

今年もやってきました。
24時間リレーマラソン。
(去年の情報はhttp://ton2net.exblog.jp/10702313/を見よ。)

で、幹事イカとともに買い出しへ。
恒例の「アレ」を買いました。
多分「ちょっとした疲れ」では無いという点が気になるところだよね。
e0126903_21451339.jpg

”スペシャルバージョン”も有ったので10本だけ購入。
「どうしても」という人、そして帰りのドライバーさんに支給される予定です。

食料が足りないからココへも。(結局何も買わなかったが。)
e0126903_2146785.jpg

まだ、何か足りない気がしてココにも。
e0126903_21462913.jpg

2枚とも変な影が写ってしまった。怖いなぁ。

写真を撮るのを忘れたが、「メルシー」にも行った。


30人が24時間走るっていう設定でパブリックなものをどれくらい買えばいいのか
よくわからなかった。
そして最後には二人とも頭が働かなくなり、「アタック〜」とか言い始めた人もいた。
とりあえず、何となく買った。

みんなでがんばって楽しい24時間にしよう。

そして、行き帰りのドライブ。
同乗者の方々はテンション高めでお願いします!(特に帰り)
[PR]
by ton2_net | 2010-07-15 21:52 | 陸上 | Trackback | Comments(2)

陽子は思っていたより小さいらしい

陽子は通説より小さいと示す実験結果
natureにも掲載されたようです。
どうなんだ…?
[PR]
by ton2_net | 2010-07-13 22:23 | 物理学 | Trackback | Comments(2)

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
記事ランキング
memo
最新のコメント
>JUN2さん そうだ..
by ton2_net at 13:52
いや、1年くらい前まで有..
by JUN2 at 10:33
以前の記事
カテゴリ