<   2008年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧


ありときりぎりす

しとしとしとしと

秋になりました。
もう「あれっ、夏っぽくない」
とかいう次元ではなく。

「僕はね、うん。”境界”がすきでね。
 夕方っていうのは朝と夜の境界だよ、君。
 海岸っていうのは、あれだ。陸と海の境界だよ。
 そういうのがさ、なんかいい感じがするじゃん。」

と、こんなラフな言い方じゃなかったと思うけど、
スヌーピーの作者が、なんていう名前か忘れましたけど、
生前にまぁそういうことを言ったらしい。

境界。
通り越しちゃいましたね。
でもまぁ、秋には秋のいいところがあります。

なんで夏が終わるとちょっとさびしいというか、
やり残したことがあるというか、
そういう感じがするんでしょうね。
冬のために食料を貯蔵しないで、キリギリスみたいに遊んでたからですかね。

しとしとしとしと。
雨が降っています。
それでも、曇り空の明るさでも、
夜通し地下にいる人には目が痛くなるような光です。

実験のための勉強が足りないので、
毎日地下でキリギリスになっています。
たまにはがんばってありになりたいものです。
[PR]
by ton2_net | 2008-09-29 09:43 | 物理学 | Trackback | Comments(0)

卒研のデータがとれた

卒研のデータが取れました。
必要なデータが抜けていないか非常に心配です。
大阪大学、東京工業大学、埼玉大学、新潟大学、高知工科大学の皆さん、
本当にお世話になりました!

これから大阪大学の本実験が始まるので、(本実験前の準備段階で卒研をさせてもらった)
つくばには1日(水)に帰る予定です。
ワンゲルの皆さん、リー会連続で休んでごめんなさい。


陸上同好会で理工系に参加された方、本当にお疲れ様でした。
対抗戦に向けて、頑張っていきましょう。
[PR]
by ton2_net | 2008-09-28 18:52 | 物理学 | Trackback | Comments(2)

おじいちゃんが・・・

なんか植木から、足が出てる・・。

薄情なもので、死んでるかもと思ったらすぐには止まれず、
3,4メートル進んでから
「いやいや、ちょっと待て」
と思って立ち止った。
よかった・・。いびきかいてるよ。


夜中の1時半。

通りかかったもう一人の人と警察に通報。

これで息がなかったら、すぐにも蘇生法に移らなくてはいけなかったわけだが、
本当に出くわしてたらできたかな・・・。

警察が20分くらいしてから来る。
寒い。
恰好からして、どこかの老人ホームから出てきたのかも。
名前を聞いてもわからない。
おうちを聞いてもわからない。

一応救急車が来て、保護して解散。
理研の宿舎の近くのコンビニでおでんをかって食べた。

なんか、こう、今自分が生きていることがありがたいような、
変な感じがした。


そんなこんなで卒研合宿in和光は波瀾万丈です。
[PR]
by ton2_net | 2008-09-24 01:19 | その他色々 | Trackback | Comments(0)

夢中とか一生懸命とか、やっぱりいいよね

●今日の練習(@龍ヶ崎たつのこフィールド)

1500(5'10)-1000(3'27)-800(2'45)-400(68) interval
rest 15minites
1500(5'24)-1000(3'22)-800(2'50)-400(71) interval

2セット目の1500はもう少し速く走れたと思う。
________________

いや、本当にあるんですね。
おととい、昨日とまたまた理研に行って実験準備をしてきました。

昨日は、お昼を食べてからずっと地下の施設に閉じこもって準備をしていたのですが、
気がついたら2時から10時になってるんですよ。
夜ご飯も忘れて。
研究者がよくこういうことになるなんて話を聞きますけど、
夢中になるっていうのはひどく久しぶりで、
とても嬉しいと思いました。
いいですね、こういう経験ができると言うのは。

おとといは和光市の先輩のうちに泊めていただきました。
先輩もよく理研にいくので、つくばにも家があるのですが
仮住まいとして和光にもアパートがあるんですよ。

このアパートがまた、実にいい趣なんですよ。
典型的な安アパート、みたいな。
昭和の感じがしてとても好きです。

台風は大丈夫か!?と思ってましたが、
たいしたことなくて幸いでしたね。


関東理工系陸上大会が近づいてきました!!
残念ながら僕は参加できませんが、(非常に残念!!)
応援しています。出場される皆さん、がんばってください!

一生懸命やるということは、本当に素晴らしいことですね。
自分の励みになればと思い、練習内容と、練習成績を
ブログに書くようにしているのですが、
毎回、本当に書くのが忍びないようなタイムですねー。

ワールドワイドウェブに発表するような代物ではないんですが、
それでも、やっぱり一生懸命走った後は本当に気持ちがいいし、
天候には恵まれませんでしたけど、今日の練習も本当に行ってよかったですね。
コーディネーターのがま君、ありがとう!!


来週は多分毎日理研にいます!
がんばるぞ!!
[PR]
by ton2_net | 2008-09-21 18:54 | 陸上 | Trackback | Comments(0)

ありがとう

つい、「ごめん」って言ってしまいがちやけど、
「ありがとう」で行けるところは、できる限り、そっちで頑張りたい。

なっ。
そっちの方がいい感じするやろ?
[PR]
by ton2_net | 2008-09-19 02:01 | Trackback | Comments(2)

手紙

●今日の練習
競技場-洞峰(1000m×3{3’24、3’28、3’35})-競技場

一定のペースで走れてない。
________________________

そういえば、あっさいがブログをやっているのをみんな知っているかな?
リンクを貼る許可をもらったので、載せておこうっと。
assaiの日記
________________________

差出人は、15歳の私。
30歳になった歌手のアンジェラ・アキさんのもとに、母からの手紙が届いた。
そこには、15歳だったアンジェラさんが30歳の彼女に宛てた手紙が同封されていた。

その手紙には、
「これからどの道を進めばいいの?」
「自分って何?」
「生きるって何?」
というような10代らしい悩みがつらつらと書かれていたと言う。

それを読んだアンジェラさんは、
「今の私が彼女に手紙を書けたら、
 どんなアドバイスをしてあげるだろう。」
と考えた。
それがきっかけで出来たのが、「手紙」という歌だ。

NHKみんなのうた「手紙」


「負けそうで 泣きそうで 消えてしまいそうな僕は 
 誰の言葉を信じ歩けばいいの?」

と問う15歳の彼女に向かって、アンジェラは、
「負けないで 泣かないで 消えてしまいそうな時は 
 自分の声を信じ歩けばいいの」

と答えている。

この歌詞は、映画「千と千尋の神隠し」の主題歌の
「海のかなたには もう探さない
 輝くものは いつもここに
 わたしの中に見つけられたから」

という歌詞を思い起こさせる。


15歳なんてとっくの昔のように感じるけど、
今でも不安に感じる時はある。
20代になっても、生きていることの意味とか
自分が誰かの役に立ててるだろうかとか、
自分の進むべき道はどれがいいのだろうかとか。

それは苦しい。
でも、それはそれでいいのではないかとも思えるようになってきた。

今日の「ジャーナリズムとメディアの現在」には
NHKのディレクターの海保さんがいらっしゃってお話されていたが、
海保さんは、
「十分な予算と、十分な時間を与えて作った番組は、ろくなものにならない。
 なにか、予算が足りないとか、時間が足りないとか、
 逆境の要素があってウンウンうなって番組を作った時に、
 新しい、いい番組は出来るのだと思う」

とおっしゃっていた。

不安を感じない人生にはまた、喜びも少ないかもしれない。
不安を感じることは、必ずしも間違いではないのだと、
15歳の自分にそれだけ言ってあげたいと思う。
[PR]
by ton2_net | 2008-09-18 00:15 | Trackback | Comments(2)

望んだっけ?

●読書記録
「沈黙」 /遠藤周作(新潮文庫)
e0126903_2118138.jpg


良い本に出会うと、あぁ、本があってよかった、と思う。
他にやることはあるけど、もう一章行ってしまいたい、という欲望に駆られることは、
幸せなことである。
こう書くと、なんか軽い感じがするが、全然軽くない本。っていうか怖い。
でもほんとに先が気になるいい小説です。

あらすじ(本書より)
 島原の乱が鎮圧されて間もない頃、キリシタン禁制のあくまで厳しい日本に潜入したポルトガル司祭のロドリゴは、日本人信徒達に加えられる残忍な拷問と信徒のうめき声に接して苦悩し、ついに背教の淵に立たされる・・・。
 神の存在、背教の心理、西洋と日本の思想的断絶など、キリスト信仰の根源的な問題を衝き、〈紙の沈黙〉という永遠の主題に切実な問いを投げかける書下ろし長編。

___________________
元医学主将をkぼた君の車で送っていく時に、
昼にいくら寝ても夜眠れる、という話をしたが、
年に5回くらい本当に眠れない日がある。

昨日がそうだった。
なんとなく眠れなくて、
なんか逆に頭が冴えてきて、色々考えていた。
そして、高校の先生になるのも悪くない気がしてきた。

気がついたら寝ていて、朝になっていた。
昨日は久々に夢を覚えていた。本当に久しぶりだ。
なぜかオリンピックに出場したが、
種目は、なんかゴルフ場でよく荷物を運ぶ車に乗ってレースするという
謎の種目だった。っていうかスピード遅いな。
途中でなぜか液体窒素のガスボンベに衝突した。
実験のしすぎ・・・?

再試合になって、
再試合かーめんどくさいなーと思っていたら、
知らない女の人に、
「あなたが望んだからよ。再試合を。
 望んだのはあなた自身なんだから」
と言われた。

なんかよく分からんが、
夢を覚えている日は、スタートが好調な気がするね、なんとなく。
[PR]
by ton2_net | 2008-09-16 21:31 | Trackback | Comments(0)

今から帰ります

実験準備はひとまず今日まで。
今からつくばに帰って、
医学陸上部の幹部の方々の労をねぎらいます。

また連続飲み会が続くなー。
実験に来ると毎日飲み会があるんです。
[PR]
by ton2_net | 2008-09-13 17:58 | 陸上 | Trackback | Comments(0)

今日も実験(準備)

昨日、先輩と朝霞の銭湯へ行った後、理研の宿泊施設に帰ると新潟大の先生方が飲んでいらっしゃった。ので、ご一緒させてもらい、3時まで飲む。


今日は東工大のD2の方と組ませていただき、実験準備。Magnetの電源の冷却用の水の用意と、装置の組立。
何かトラブルがあるたびに東工大の先輩は
「甘い罠ですね」
とにやり、とする。


水曜の「ジャーナリズムとメディアの現在」は、産経新聞の社会部の方だった。授業の後少しお話させていただいたが、学生時代は色んな人と沢山話すことだ、というようなことをおっしゃられていた。

いろいろな人がいる。コミュニケーションをとった人の数だけ、自分の世界に新たなフロンティアが現れる。
[PR]
by ton2_net | 2008-09-12 19:39 | Trackback | Comments(0)

卒研、始まる

今日から3日間埼玉の理化学研究所に滞在します。
いよいよ卒研の準備!
・・・とはいえ、先輩の手伝いみたいな感じになってしまってますが。

今日は荷物の搬入と、位置の調整。
この位置の調整がやっかいで、
こっちが合うと、あっちが合わず・・・という具合にして、
結局10時間くらいずっと位置調整をやっていた。
今まではデータを取るところしか見てなかったけど、
やはりこういう地道な作業が実験には欠かせない、というわけやなぁ。


というわけで土曜日の練習には行けなくなってしまったのですが、
なんとか医学主将お疲れ飲みにはいくつもりです!!


最近、1年半ぶりくらいに宿舎のシーツを替えに行った。
去年の自治医大との合同練習のとき原付でこけて、
その怪我からの出血でシーツが汚れて以来、
シーツなんて使ってなかったのだ。

しかし、そのシーツ交換所のおばさん、
一ノ矢の住人なら知っているだろうが、
1か月交換に行かなかっただけでも
相当な厭味を言われるのだ。

ましてや1年半・・・。
卒倒するんじゃないかと思ったが、
まぁ、2倍くらいいやみを言われただけですんだ。


しかし、この人シーツ交換に情熱を傾けてるよなー。
こういう人がいるっていうのも、
なんだかすごいいいことのような気がするんだよね。
自分は絶対こういう人にはなりたくないんだけど。

世間にはいろんな人がいる。
それがうれしくって仕方がないような気持ちになった午後だった。
[PR]
by ton2_net | 2008-09-11 22:09 | 物理学 | Trackback | Comments(2)

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
Thinkpad yog..
by ton2_net at 17:16
なに、Yoga。わしも実..
by keno at 22:02
以前の記事
カテゴリ