カテゴリ:その他色々( 146 )


高校の廊下で”ハンドスプリング”を練習したこと

あけましておめでとうございます。
どうも最近腹筋のあたりが痛いなと思っていたら、どうやら、
年末から年始にかけていろんな人たちに会って笑いすぎて、
筋肉痛になってるみたいです。
本当に笑いまくった。


夕方、今年最初のブログに何を書こうかなと思いながら、
「走り初め」で実家の近くの小学校のグラウンドを走っていた。
そしたら、ふと高校の時に「ハンドスプリング」を練習していたときの話を思い出した。

高校二年かそこらだったと思うが、どうしても「ハンドスプリング」を習得したいと思っていた。

「ハンドスプリング」というのは体操の技で、「前方倒立回転跳び」とも言う。
つまり、だっと走って前のめりになって一回転してまた足で立つ技だ。

グラウンドとかでも練習してたけど、どうしても背中から落ちてしまって、立てずにいた。
初めてできたのが、なぜか学校の棟と棟を結んでいる、屋外の渡り廊下だった。
テスト期間中かなにか知らないけど、あんまり人もいなくてひっそりしていて、
教室に数人が残って勉強していたりした。

ふと暇だなと思って、渡り廊下に差し掛かったあたりで練習を開始してみた。一人で。
今思うと、結構やばいなと思う。笑

それで、最初何度かやってみたけどやっぱりだめだった。
なんでうまくいかないのかなぁ、と結構冷静に思った。
どうしても、着地のときに後ろに倒れて仰向けになってしまう。

で、なんか女の子にも目撃されて「ひっ」みたいな声を上げられたし、
もう帰ろうかなと思ってたときに、
もう一回だけやってみようかなと思った。

もう一回だけ。
これで失敗したらもうやめようと。

それで、なんとなく助走をつけて、もうそのまま前へ倒れる感じで手をついたら、
気づいたらちゃんと着地して、立てていた。
なんだ、こんなに簡単なことだったのかと思った。

今思うと、もうその時期なら、いつだって、それを成功させることはできたんだと思う。

たった一つ成功を阻んでいたのは、自分自身意外の何者でもなかった。

本当にできるのか?失敗したら痛いかも。
そういう、無意識の思考が、前へ倒れる前に踏み足にブレーキをかけさせていた。
ただ信じて、前へ倒れれば良かったんだと思った。
怖いのは、もうそれは自分では無意識のうちにくせになってしまうということ。

考えてみたら、結構いろんなことがそうなんだと思う。
「なぜできないんだろう」「何がわるいのか」。
わからずに何かを実現させられない状況で、
実は本当にそれを実現させることを躊躇している自分がいたりする。

厄介なのは、「切に望んでいる自分」も、「躊躇している自分」も、
本物の自分なのだということ。

ドストエフスキー(だったかな)が
「神と悪魔がいる。その戦場こそが心なのだ」と言っていたが、
神だけでも悪魔だけでもなくて、二つ同居できる唯一の領域が心なのだと思う。


この時習得したハンドスプリング。
その後高校のグラウンドとか、大学行ってもよく芝生の上でやっていた。
たまに夜走って、やっぱり一人で競技場でやったりしていた。
そうすると、あのときの「あ、できた」っていう感覚を思い出して嬉しくなったりする。

失敗したっていい。前のめりで。

言うのは簡単だけど、実は結構こわい。
背中を地面に打ち付けるのは、ほかならぬ自分だからだ。
でも、やっぱり「やるだけやって」というのがいいかもしれないと、
このハンドスプリングから教えてもらった気がしている。


今年もたくさん失敗すると思うけど、どうせやるなら、前のめりがいいと思う。
[PR]
by ton2_net | 2013-01-01 22:39 | その他色々 | Trackback | Comments(0)

ヒッグス粒子/いまさらのこと

ヒッグス粒子が見つかったんですか?
ちゃんと調べてないからよくわかんないんだけど、
後日、ちゃんと書きたい。


最近、なんとなく、やばいと感じつつある。
20代も折り返しを過ぎて。
時間はあるようで、意外に無いような気がしている。

大体、大学の時に色々さぼりすぎた。
よくぞあんなにさぼれたものだと思う。
そういう時期があってもいいんだとは思うんだけど。

陸上もワンゲルも研究室も素晴らしかった。
大学生の自分をほめてあげたい。
えらい、よくあんな素晴らしいところを選んだ。

けれども、それと並行して、もっと色々できたなと。
一番簡単なところでは本を読むと言う事。
映画はそんなに興味なかったから仕方ないけど、
本は興味あったけど、本当に読まなかった。

漫然とした上昇志向はあったんだけど、
目的が無かったんだな。明確な。
なんか一つ、「プロ意識」を持ってやってみれば良かった。
記事の投稿でも、なんでも。

そしたら、多分「基礎」がほしくなったはず。
応用は後でもなんでもいいんだけど、
まず「基礎」がいるようになる。

基礎の基礎である「考え方」は、
まだまだすごく未熟だけど、周りの人のおかげで見直す習性は出来たと思う。
でも、その上に位置する良い意味での「常識」が完全に欠落している。
どんな分野でも、できる範囲でいいから、やっときゃよかったかなとちょっと思う。
どうせ暇だったんだし。

社会人に話を聞きにいくというよりは、社会人に何か一つ挑むっていうのがいいかもしれない。
「こんな企画考えてみたんっすけどぉ」
って、一つ本気で考えたら、多分「お話を拝聴させていただきたいです、へへぇ〜」
っていう姿勢よりもなんか得られるものは大きい気がする。

まぁ、別にいいんだけど。
もう一回大学もどっても多分あんまりやんないだろうし。笑

そういうわけで、今日も雨が降っている。
夏が近いね。
扇風機かおっと。
[PR]
by ton2_net | 2012-07-05 01:56 | その他色々 | Trackback | Comments(3)

更新したい

すごいブログ更新したいんだけど、未だに家にネットがひけてない。
書きたいな。色々。

24時間リレーマラソン、今からががんばりどころだね。
がんばれみんな!!!
[PR]
by ton2_net | 2011-07-17 00:26 | その他色々 | Trackback | Comments(2)

荷造りも終わって

明日から、広島県に行きます。
6年前、三重県からつくばに行ったのが、懐かしいね。
時間が経つのは、思い返すと、ほんとに早いね。
e0126903_0532873.jpg

3月に行った金沢21世紀美術館で
[PR]
by ton2_net | 2011-05-04 00:55 | その他色々 | Trackback | Comments(0)

失敗と思いやってみることについて

どう考えても、大学では色々失敗して来た。
6年間で、結局うまくいかないことも沢山あった。

どんどん失敗した方がいいとか、
失敗なんて後で考えたら良い思い出だとか
いうけれども、
基本的にうまく言った方がいいよねー。

だって、うまく言った方が、失敗するにしてももっと先で失敗できるかもしれないし、
うまく言った方があとで良い思い出よりもすぐ良い思い出になるし。


けれども、思うのは、失敗するたびに、人を思いやる、ための材料が増えるのではないか、
ということです。
大学に入って、色んな人に会って、全然気持ちがわからない人もいたけれども、
今なら、少しはわからんでもない!ということも有ると思います。
そして、分かる人は、さらにその背景に目をやる事も出来ると思います。


研究でまなんだことは、
「ひとつのことをちゃんというのは、すごくむずかしい」
ということでした。

簡単そうに見えても、よく目を凝らしてみると、複雑に様々な糸が絡んでいる。
その中にあって、落ち着いて糸を一本一本たぐりよせてみること。
それこそが、「学び」ではないかと思います。


今、元気があって絶好調の人!
どんどんやったってください。
応援しています。

けれども、同時に、もう何にもうまく行かないや。
私、誰の役に立ってるんだろう、という人。
僕はきっと、どちらかと言えば、ずっとそちらの側に立っている人間だろうと思います。
頑張れとは良いません。
一緒に、歩いて行きましょう。


短いですが、今ふと思った事を書きました。
さ、筑波最後の飲み会は
なんとなく36飲み〜6年生最後の砦が、皆を思い出して頑張るよ!〜です。
[PR]
by ton2_net | 2011-03-30 16:33 | その他色々 | Trackback | Comments(0)

地震

太平洋・東北沖地震から、明けて12日。
つくばでは、ライフラインが一部普通の地域があるようですが、
家屋の損壊とかは、そんなに目立ったものはないようです。

地震が起こったときは、同好会のスキー合宿で、長野からの帰路に付いている時でした。
メール、twitterや、ustでのnhk中継などで情報を集めて、
規模の大きさを知りました。


落ち着いたら、またいろいろ書こうと思います。
[PR]
by ton2_net | 2011-03-12 12:24 | その他色々 | Trackback | Comments(0)

大学生活で学んだこと(草稿・その2)

「一寸先は闇」
どうなるかわからないところで前のめりになれるか。
ちからばし。

「冒険の共有」
形や道は違っても、遠くにいても、人は一緒に冒険できる。
[PR]
by ton2_net | 2011-02-14 12:36 | その他色々 | Trackback | Comments(0)

大学生活で学んだこと(草稿・その1)

言葉は、意味のパッケージ。
その意味は、暗黙知的なもので、言葉にできない。

無理に言葉にしなくてもいいものもある。
沈黙が伝えられるものは、想像以上にたくさんある。
沈黙とは、言葉に頼らないコミュニケーションの総称のこと。

人を好きになるには主に2種類ある。
その人の「何か」が好きということ。
その人「自身」が好きであると言うこと。
後者は、一件曖昧に見えるが、簡単にくずれない。

無理をしない。
できることからやる。
でもその本質は、「やってみてできたことが、自分のできること」で、
それをやり終えた瞬間に、次の扉が開いている。
[PR]
by ton2_net | 2011-02-10 08:20 | その他色々 | Trackback | Comments(0)

stranger

昨日、ジョグした。
平塚線を越えたあたりで、自転車を止めて茂みをじっとにらんでいる人がいた。
こういうちょっと変わった人が、周りに多いんだよな、と思ったら、
…知り合いだった。
知り合いっていうか、高校の同級生だった。
H田さんは、蜘蛛が大好きな女の子で、
研究も蜘蛛について。

くもって冬もいるんだね、と言うと、
「何言ってるんですか」的な感じで一瞥され、
蜘蛛は、卵のうに入って冬を越すんですよ、と教えてくれた。*
H田さんに会う度に、蜘蛛の知識が一つずつ増えてゆく。
*一般的に蜘蛛の成虫は秋で死んでしまうらしい。
 でも幼虫(?)が卵のうに入って越冬したりするんだって。

今日は、夕方走った。
じいさんがいた。
「線香花火理論」を聞いた。
50代男性が、なぜセクハラをするのかについての理論だった。
なるほどと思った。
それから、最近亡くなった先生の話とか。
先生の研究の話とか。
95%くらいは先生が話していた。
とりあえず、特異点での級数展開を研究しているらしいことはわかった。

走って、家に何も無かったので「一人富士泉」(キムチ豚汁定Ver.)をして、
研究室に帰って来た。
チャドに偶然有った。
お疲れな感じだった。お疲れさまです。

それから、一週間以上すれちがいで
(こっちがかけると向こうが出られず、向こうがかけてきてくれたらこっちがでられない)
出られなかった高校の同級生のH松さんに電話した。
相変わらずだった。
面白かった。

「大石くん、ほんまおもろいな」、
と言ってくれたが、H松さんの方がよっぽど面白いと思う。
今ちょっとお休み&お勉強の時期で、旅行とかにも行っているらしい。
バリ島に友達と言って、持って行った
「うまい棒 めんたい味」やら
「酢昆布」やら
を堪能していたらしい。
何しにバリ島まで行ってるんや?笑


というわけで、まったく面白いです。
自分が、おもしろおかしいな(興味を持てるということ)、と思いながら、
それがなんか他の人の役に立てれば、それくらい、いいことないなと思います。
働きだしたらまた変わるかもしれないけど、とにかく今はそんな感じ。

だから、「ひょっこりひょうたん島」の”ガバチョの歌”で、
一家心中を思いとどまった人の話とかを聞くと、
井上 ひさしさんとかはすごいなぁ、と思います。
[PR]
by ton2_net | 2011-01-17 22:30 | その他色々 | Trackback | Comments(0)

リバーシブル的に素敵なことが起こることの効用

中学の頃、こいつは好きになれやんやろうな、と思ってたやつがいて、
でも、そいつの名字はUで、僕の名前大石なので、
出席番号も近くて、そのうち話しているうちに、
「なんやこいつ!めっちゃおもろい!!」
ってなっていった。

そういうわけで、休み時間はそいつと逆立ちしたり、
空気椅子してて、授業の時間になったけど先生が、
「勝負付くまでやっててええわ」
とか余計なこと言って、授業始まってもバトったり、
一時期は二人でライブ活動を行い、
「ごりんじゅバイバイ」
という伝説の曲を歌い続け、
クラスの女子から冷たい視線を浴びていた。

そういうわけで、まぁ、いうなれば結構「なんてこったい」的な自体がおこっていた。

でも、この出会いは、本当に良い出会いだったと、今になって思う。
なぜなら、「こいつは合わない」と思った人も、後になったら「リバーシブル効果」で、
逆にめちゃくちゃ仲良くなる可能性を、考えざるをえなくなったからだ。

同じように、「こんなん全然おもろないわ」と思ったことでも、
続けてみると非常に奥深く、叡智を与えてくれる可能性に富んでいるように感じられることもある。
物理がそうやった、と思う。
今日は修士論文の予備審査やったけど、話している時に、段々楽しくなって来た。
結構毎日やだなと思うことがあるけれど、
ふいに、こういう瞬間が来るのは、陸上に似ている所があるのかもしれないと思う。

最初は、だれだって辛いと思う。
でも、なんとなく、「きっとこれも、面白いことなんやろな」という、
楽観的な希望を持てるようになった。


年末年始に、社会に出て働き始めている人の話を聞く機会があった。
皆、大変そうだった。

きっとここを抜ければ楽しいと、無理矢理思うんじゃなくて、
理由は分からないけれども、なぜだか心の底では期待している、
みたいな気持ちを持つことは、最初の何年かでとても大事なのではないかと思った。

それは、「面白い」とかじゃなくても、人によっては、
「いつか、人の役にたてるはず」
とかだったりすると思う。


社会に出てからのことなんて、何も分からない。
けど、なんとなく推定される”理論的予測”を、このブログに結構書いて来た。
社会に出てから、「けっ、こんなもん、糞の役にもたたねーよ!」
と思うかもしれない。
思わないかもしれない。

どうだろう。
実験の結果は、あと数ヶ月(たぶん、数年、かな。)お待ちいただくことになろう。
[PR]
by ton2_net | 2011-01-12 23:20 | その他色々 | Trackback | Comments(2)

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ