カテゴリ:未分類( 249 )


なしのある風景

e0126903_14481817.jpg
秋といえば梨の季節だ。
果物全般好きだけど、
梨はその中でも結構好きな部類に入るように思われる。

学生時代に住んでいた寮が、
大学のほぼ端っこにあって、
その隣が農林センター(?)という巨大な実習場だった。

生物系の友人から、そこで梨が格安で買えるとの噂を聞いた。
「ただし、曜日が決まってるし(たしか平日週二日くらいだった)、
 人気だから早くいかないと売り切れちゃうよ」
とのことだった。

早速、1限の授業がない曜日を選んで、
ちょっと早起きして実習場に足を運んでみた。

ただ、問題は、入り口すらもわからないことであった。
一応周りが木で囲われていて、
道から見ても、中の様子は見えない。

適当に隙間をみつけて中に入ってみた。

木の間を歩くと、やがて開けたところに出た。
驚いたことに、想像以上に広大な土地である。
ただの平地もあれば畑もあり、ビニールハウスも見える。
北海道かここは・・・とびくつきながら歩いてみると、
なんと馬や牛までいた。

結局、30分くらい歩いても梨売り場は見つからなかった。
朝だったからか、人にも一人も会わなかった。

道に出て、よく見てみると、「入り口」と書いた看板があって、
そこから入っていくと、間もなく「直売所」があり、
なんだか拍子抜けした。

梨は確かに安くて(一個50円しなかったと思う)、
そして大きくて甘くて美味しかった。

それ以来、秋になるとちょくちょくそこへ出向き、
たらふく梨を食べた。

あの直売所はまだあるのかな。
懐かしい。

[PR]
by ton2_net | 2017-10-22 14:48 | Trackback | Comments(2)

展示「和田誠と日本のイラストレーション」

いろいろあった、3連休。
初日の土曜日に、
「たばこと塩の博物館」で開かれている、
「和田誠と日本のイラストレーション」展へ。
e0126903_21261597.jpg
e0126903_21280457.jpg
和田誠さんを中心に、日本のイラストレーターの作品を展示。
点数はそんなに多くなかったけど、
面白い展示がたくさんあった。

たばこ「ピース」の宣伝広告の絵で有名なことから、
「たばこと塩の博物館」でやってるんですね。
(和田さんの絵と、土屋耕一さんのコピーも本当に秀逸で、
 展示を見ながら、つい、ふふっと笑ってしまいます。)

懐かしの、「ゴールデン洋画劇場」のオープニング。
あの絵も、和田さんだったんですね…。

個人的に面白かったのは、
高校の時間割を、全部先生の似顔絵で書いていたもの。
e0126903_21363236.jpg
https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/54969/より

イラストもそうだけど、アイデアが面白いですね~。

ご本人による解説によると、
「時間割が変わるたびにつくりなおしていました。」
「先生全員の似顔が描けないと時間表は成立しないのですから、
 これをつくるために似顔絵修行をしたものです。」
だそうです。

面白いことやろうという当時の気持ちが、
そのまま仕事につながっていっているんだな、と思いました。

10月22日まで。
入場料100円だし、おすすめです。

[PR]
by ton2_net | 2017-10-09 21:42 | Trackback | Comments(2)

IT機器こもごも

ついに買ってしまった…。
LENOVO YOGA 710。


・型番 :80V6000YJP
・CPU:インテル Core i5-7Y54 プロセッサー ( 1.20GHz MHz 4MB )
・メモリ:8.0GB LPDDR3-1866 LPDDR3 (オンボード) 1866MHz
・SSD:256GB
・重さ :11.6型
・大きさ: 281x195x14.9mm
・重さ :1.04kg

今まで3倍以上の重さのを使っていたので、
奇跡のように軽く感じます…。
バッテリーも長持ちしそうなので、
持ち運びにすごく便利そう。

さすがに11.6は小さすぎか…と思ったけど、
持ち運ぶにはちょうど良い大きさでした。よかった。

と、きのう届いて浮かれていたら…


割れた…。大事に使ってきた、愛用5sが…。
保護ガラス張ってて、これまでも何回か落としていたが、
ヒビは入らなかった。

今回右上の角から設置したらしく、
期待しながら保護ガラスをはがすも、
本体のガラスまで、ちゃんとヒビが入っていました。

さすがに買い替えるしかないか…。
来るもの拒まず去る者追わずというか。
気を付けてたんだけどな。

[PR]
by ton2_net | 2017-10-05 23:46 | Trackback | Comments(2)

揚げ物っていいですよね

あげものって、人を幸せにしますよね・・・。
e0126903_22005847.jpg
ジュワーッという音がたまりませんね・・・。
e0126903_22002311.jpg
サクッという音がたまりませんね・・・。
e0126903_22020718.jpg
残り物のカレーがごちそうになりました。

村上春樹氏は「小さくはあるが確かな幸せ」のことを
「小確幸」(しょう・かっ・こう)と読んでいるそうだが、
これもまた一つの小確幸でありますね。

そういえば村上さんは、今年もノーベル賞候補なのかな。

[PR]
by ton2_net | 2017-10-04 22:06 | Trackback | Comments(0)

青森の神社(下風呂神社の稲荷神社)

先日、遅めの夏休みで青森に行った。
大間でマグロを食べ(美味しかった・・・)、
かつて青森在住であった先輩の勧めで、下風呂温泉へ。

温泉の話はまた次回にするとして
(と書いて次回書いた試しがないが)
近くに神社があるというので、散歩がてら訪れた。
e0126903_22393735.jpg
境内からは日本海を望むことができ、大変気持ちが良い。
お祭りがあるらしく、準備をしに地元の人がやってきた。
おじさんの一人が、神社の中へ入れてくれた。
e0126903_22433002.jpg
中の様子。
奥に、お神輿があり、その中にご神体が入っているという。
ご神体って何ですか、と聞くと、
「さあ、なんだろね。
 誰も知らないと思うよ。
 神主さんも知らないって言ってたし。」
とのこと。

e0126903_22452158.jpg
かざってあった提灯に、ナマズが書かれていた。
かわいい。

e0126903_22462032.jpg
おまつりには、神輿が出て、
みんなで担いで街を練り歩く。

ご神体が入っているため、なるべく揺らさないように担ぐ。
乱暴に担ぐと、「どしかられる」らしい。

上から見るのもダメ。
旅館などの窓から観光客が見下ろしていたりすると、
神輿はストップ。
年配の人が若手に
「引きずり下ろして来い!」
と言い、若手がだーっとその旅館に走る、らしい。笑

奥さんとへぇ〜っときいていると、
おじさんが、
田舎だけど、こういうのが残ってるっていうのが、
ちょっといいだろ、
というようなことを言った。


おっちゃんの携帯の着信音がなり、
なにやら話し込み始めたので、
会釈して、神社をあとにした。
e0126903_22460286.jpg

[PR]
by ton2_net | 2017-10-03 22:51 | Trackback | Comments(0)

ロゴを変えてみる

お試し版イラストレーター(一週間のみ)でロゴを作成。
e0126903_12102077.png
今まで
e0126903_13031111.png
改定
e0126903_13144147.png

<メモ>
設定→デザイン設定→PCデザインスキンの「現在使用中のスキン」を編集。
HTML/CSS編集の「全体」で
<h1 class=HEADER><$header$></h1>
<img src="http://md.exblog.jp/skn/img/a/01/04/0/title_line.gif" width="521" height="23"><br>
を、
<a href="自分のブログURL">
<img src="画像URL" width="300" align="center" />
に変更。
画像は、「HTML/CSS編集」画面の右上にある画像アップロードボタンで、
アッブロードしたものを使う。

しかし、せっかく編集して「更新する」ボタンを押しても、
サイトが変更されない。。。

以下のことを行わないといけない。
それからまた、デザイン設定のページにもどり、「マイスキン」をクリック。
自分が編集したスキンが出てくるので、「適用」。
せっかくHTMLを変えて、画像を変更したのに、
何回「適用」してもページが変わらなかったが、 マイスキンから適用しないといけないんですね・・・。

ちょっとわかりにくいな。

が、いろいろできそうで面白い。


[PR]
by ton2_net | 2017-10-01 12:10 | Trackback | Comments(0)

ありふれているようで、そうでないこと

「タスクの切り替えによって、
 我々の脳には想像以上の負荷がかかるのだよ」
と、いかにもな感じでF村は言った。
なんとなく斜に構えた感じの、いつもの「にやっ」という笑いとともに。

最近仕事で、出身大学を訪れた。
その前が、たぶん3年くらいまえだから、ひどく懐かしく感じた。
そして、大学での用向きが、午前と、午後18時。
6時間もの待ち時間が発生し、大学でいまも研究を続けるF村に、
「いまひまですか?」というラインを送ったのだった。

返事はすぐ帰ってきて、
図書館の入り口にできたスタバで色々話をした。

その中で出てきたのが、F村の実践し始めたという
「25分、一つのことに集中し、時間がきたらぱっとやめる。
 5分間は絶対に仕事をせず休んで、
 その後、再び25分集中する」
という仕事実践方法だった。


まったくアスリートなことするな!と思って聞いていたのだが、
その翌日から自分もやってみたら、これが中々、いい。
これまで、「いま、何をする時間なのか?」ということを
はっきり意識せず、
結構、あれやこれやと漫然と仕事をしてきたことがわかった。

次の25分は、何がなんでも◯◯やるぞ、
と意識するだけで、結構これが、集中できるものなのだった。
(「ポモドーロテクニック」というらしい。
 興味ある方は検索してみてください。)

まあそんなこと含めて、いろんな話をした。
「懐かしい」って一体どういう脳の状態なのか、とか、
F村の家の近くに、1km?くらいまっすぐのなにもない道があって、
全力疾走できるから興奮する、とか。

なんでもないことを、あれこれ話せる友達というのは、
ありがたいものだなあと思った。

大学のときはなんでもないと思っていたことが、
働きはじめてみると、中々みつからなかったりする。
逆、のことも実はたくさんあるんだろうけど。

昔はよかった、と単純に割り切るつもりも全然ないんだけど、
昔、「自分の周りにありふれていたこと」が、
本当は「そんなにありふれたものじゃない」ということに
30歳になってようやく気づけたなという実感があった。

[PR]
by ton2_net | 2017-07-02 20:17 | Trackback | Comments(0)

アリタリア航空機で帰国

ローマ経由で、成田に到着。
結局、エティハド航空から
アリタリア航空に差し替え。

ここで、ローマ→成田の、
アリタリア航空機内サービスを紹介しよう。
e0126903_11523260.jpg

機内サービス①スナック菓子
塩味が効いていて美味しい。
e0126903_11523212.jpg

機内サービス②イタリアビール
スナックと合います
e0126903_11523331.jpg

機内サービス③夕食(和食)
刺身付き。美味しかった。
刺身の横の白い野菜は大根だったのか…?
緑のは、なぜかモロヘイヤでした。
e0126903_11523369.jpg

機内サービス③夕食(イタリアン)
奥さんはイタリアンを選択。
ラザニア、結構美味しかったらしい。

朝食は、ちょっといいパン、ハムとチーズ、フルーツ、ヨーグルトでした。

成田に着いて、まず買ったのが…
e0126903_11523470.jpg

ティッシュ。
旅行の途中から、ずっと鼻水が止まらず、
ホテルのトイレットペーパーを
ジップロックに入れてもちあるいたりしていた。
海外には、ティッシュとおしぼりという概念がない…。

日本では、ただで街頭で配ってるんだから大変なことですよ。

午後はゆっくりして、
明日に備えます…。
[PR]
by ton2_net | 2017-05-14 11:41 | Trackback | Comments(0)

フィレンツェの空港で待ちぼうけ

イタリアから帰国しようと、
フィレンツェのペレトラ空港へ。
エティハド航空、6:40の便だ。

ところが…
e0126903_16093522.jpg

まさかのフライトキャンセル。

窓口に行くと、優しそうなイタリア人男性が、
「アリタリア航空に差し替えになるので、
そっちで聞いてみて。」
とのこと。
やたら「Everything is OK.」を
繰り返してくるのが、逆に怖い。

とりあえず、まだ早いから、
朝飯でもくってきな!
と渡されたのがこちら。
e0126903_16093625.jpg

なぞクーポン。
階下のカフェテリアに持って行くと、
15ユーロ分、好きなもの頼んでいーよ、
とのこと。

僕がクロワッサンとカプチーノ、
奥さんが謎のパンケーキとカフェラテ。
全然15ユーロに達しないので、
水とコーラももらった。

朝食後、いろんな係りの人に聞いて、
フライト情報をゲット。

元々、フィレンツェ→アブダビ→成田の予定が、
フィレンツェ→ローマ→成田
に変更。
機内の時間としては短くなるし、
成田到着も3時間ほど早まることに。

…それなら、いいか。

しかして、空港で待ちぼうけ。
探検して、なんだか日当たりのいい場所に陣取って
読書やらなんやらして過ごす。

時間があったので、初めての免税手続き。

お土産で二万円くらい使ったところ、
二千円帰ってきた。10%か。
ふうん。

二週間も海外にいたのは、
学生時代のウズベキスタンぶり。
最後まで色々ありそうだけど、
ここまで、本当にいい旅でした。
[PR]
by ton2_net | 2017-05-13 15:54 | Trackback | Comments(0)

イタリアの市電とバスの乗り方(フィレンツェ)

あした帰国なので、きょうが実質滞在の最終日。
フィレンツェでお土産買って帰ります。

あしたは早朝の飛行機(6時40分発)なので、
ホテルは空港の近くに。
移動は、もっぱら市電とバスを使う。
e0126903_17564895.jpg

これなるチケットで、市電とバスが90分乗り放題。
1.2€。
回数ではなく、時間切符です。
ちなみに24時間券は6€だから、
90分×5回より多く使うと、
24時間券の方がお得。

普通の観光なら、一回券を何枚か切った方が良さそうだ。

e0126903_18284953.jpg

切符を買う方法はいくつかある。
これは、フィレンツェ駅の近くの市電の電停にある券売機。
左のボタン(4つどれでも同じ)を押して、
(タッチパネルじゃない。
横の銀色のボタンを使う。)
e0126903_18285064.jpg

この画面になったら、
左側の数字の上下のボタンを押して、
枚数を決めて、
右側上の「Conferma(確認)」を押してお金を入れると、
券が出てくる。
ものすごく、ものすごっく反応が遅いです。
気長に待ちましょう。

券売機の他に、街のあちこちにある、
「TABBACHI(タバッキ、タバコ屋?売店?)」でも買える。
ホテルのフロントでも買えました。

e0126903_17564855.jpg

市電に乗ってみると、こんな感じ。

乗ったら忘れてはいけないのが。
e0126903_17564984.jpg

この「打刻機」(会社みたいでやだな。正しくは、刻印機かな)に、
券を通して、使用開始時間を印字すること。

90分券、なので、
開始時間を記録しないといけない。

全然みまわりにこないけど、
ガイドブックによれば、
打刻せずに乗ってるところを見つかると、
それなりの罰金が科せられるとか。
(これは、イタリア国鉄も同じ方式。
駅のホームに改札はなくて、
自分で打刻してから乗車する。
ただし、ウェブ予約したものは
打刻はいらない。)

でも、1日乗ってても全然見回りは来ず、
むしろ券買わなくてもばれないんじゃないか、
という体制だった。

現に、キセル乗車とかあるんだろうけど、
なんだかお客さんを信用する感じで、
いいなと思った。

まあ、業務量低減ということかもしれないけど。

[PR]
by ton2_net | 2017-05-12 07:00 | Trackback | Comments(0)

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
> blancheさん..
by ton2_net at 18:20
>ゆーな でかかったよね..
by ton2_net at 18:03
以前の記事
カテゴリ