新しくなったton2net



2015年 10月 23日 ( 1 )


猫じいさん

e0126903_06305628.jpg
家の近くに、やたら太った猫がいる。
写真ではあんまりうまく伝わらないかもしれないが、すごく丸丸している。
何を食べたらあんな体格になるんだろう?

やたらふてぶてしい感じだけれども、猫はそういうところがまた可愛かったりする。
得な生き物だなと思う。

通勤時や休日の散歩時にみかけて、ちょっと遊んだりするのだが、
最近、ふと「猫じいさん」のことを思い出した。


昔、大学の寮に住んでいた。
敷地のやたら広い大学で、寮の周りにも空き地が山ほどあった。
道もやたら広かった。
田舎だったのだ。
その割には寮の一人部屋は狭くて、5角形という謎の構造だったけど。

空き地にベンチがぽつんとある場所があって、そこに猫じいさんはいた。
いつも、猫にエサをやっていたが、集まって来る猫の数が半端ではなかった。
誇張なしに、20匹はいた。
しかも、じいさんの肩とかに猫が乗ったりしているのである。
いつも、猫に向かって何事かを話しかけていた。
猫たちとじいさんは、本当に親密そうに見えた。

猫じいさんは、その寮(いくつか寮があった)に住む学生たちにとっては
一つのアイコンというかマスコットキャラクター的な存在であると同時に、
自分たちとは決して関わり合いを持つ事の無いであろう、「変わりもの」として見られていた。


学生新聞に、一度だけこの猫じいさんが特集されていた事があった。
(いま思えば、もっとちゃんと読むなり、記事を切り抜いたりしておけばよかった。)
記事に寄れば、
「猫じいさんは、オスの三毛猫を見たことがある、と記者に誇らしげに語った」
ということだった。

(つづく)

[PR]
by ton2_net | 2015-10-23 06:29 | つくば | Trackback | Comments(0)

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
>JUN2さん そうだ..
by ton2_net at 13:52
いや、1年くらい前まで有..
by JUN2 at 10:33
以前の記事
カテゴリ