新しくなったton2net



もう9時か

限定された世界で生きて、その中で整合のつく考え方をだんだん自分の中で作り上げていく。あたらしい世界に触れたときに、今まで作ってきた理論が適用できずに、混乱したり、不安になったり、落ち込んだり、たまに面白がったりする。自分の今いる世界と、新しい世界の間で折り合いをつけて生きていくことを、成長と呼ぶのではないかと思う。
 もちろん、説明のつかないことなんて山ほどあるわけだけどさ。それがひとつ、ひとつ、自分の理論の中に組み込まれていくことが、「分かった!」という生きる喜びになるのではないかな。
 そんな中で、今まで自分がすがってきた理論が、まったく”ポンコツ”だったと分かる瞬間もあると思うんですよね。できれば改良を加えて、新しい結果と整合性がとれるように、今までの理論が生き残れるようにするわけだけど、どうしても、それを捨てなければいけないときもあると思うんです。自然にできたときはいいけれど、意識的にそれをしなければいけないとき、それは、辛いよなぁ。

 そういうときには、心の中で、「おい、お前。それは違うぞ」っていう声がするんですよ。でも、それは怖くて、知らん振りするんですけど、だんだん声が大きくなって、次第に無視できなくなてくるんですよね。そこで、初めて作り直さないといけないな、と思う。
 それが、成長するということではないのでしょうか。
 こう思ったときに、一回しか読んだことないけど、夏目漱石の「三四郎」という小説が、名作と呼ばれている訳が、すこし分かったような気がしました。

 大学に入ってから、「おい、お前。それは違うぞ」が頻繁に聞こえてきて、今も何件かが保留になっています。でもそれは、ひとつの貯金なのかもしれないですね。これからゆっくり、「じゃあ、これでどうだ?」「いや、まだ違うね」っていう問答をすればいいんですからね。

どうも書きたかったことと違うなぁ。笑
難しい。
[PR]
by ton2_net | 2008-12-26 21:20 | その他色々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ton2net.exblog.jp/tb/9288046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 卒業旅行話し合い収め おススメブログ-「内田樹の研究室」 >>

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
>JUN2さん そうだ..
by ton2_net at 13:52
いや、1年くらい前まで有..
by JUN2 at 10:33
以前の記事
カテゴリ