新しくなったton2net



仕事

今日の練習は
大ループ(5.8k)×2
流し(150m)×3

競技場でなんかよくわからない撮影をしていた。


練習後、西尾とローソンまで飲み物を買いにいく。
「カルピス」を薄めて転売しているとうわさの「コーラスウォーター」を買って飲む。

行きは低俗な話をしていたが、
帰りは意外にまじめな話をした。


西尾は数式ばかりの科学に絶望して
「理系の仕事に就かないかもしれない」
と言っていた。

そろそろ就活の時期か。

僕は院に今のところ行くつもりなので、
就活の危機感はいまいち、無い。


仕事か。
どんな仕事に就こうかな、と帰り道。

結構昔に見た海外ドラマのe0126903_2182686.jpg
ER」(Emargency Room、緊急救命室の略で、そこで働く医者の話。「ジュラシック・パークの原作マイケル・クライトンが手がけている。おもしろいよ。)
の一場面を思い出した。


新米の外科医Dr.ベントンは、思うように仕事がいかない自分にいらだっていた。(確か)
毎日とんでもない数の急患が運び込まれ、食事もままならない現場。

そんなある日、大規模な交通事故が発生。
大勢の急患が運び込まれる。

先輩の先生は手一杯で、ベントンのサポートをしている暇は無い。
ベントンも血まみれの急患の一人を診察。

そこで、彼は気づく。
「すぐに手術をしないと死ぬぞ」

しかし、新米の彼にとっては、その手術は教科書でしか見たことが無い。
一人でやれる保証は無い。
失敗すれば、人が死ぬ。

さぁ、どうする、Dr.ベントン!


結局彼は手術を行い。
患者は命を取りとめる。

その後、ベントンにいつも厳しい上司が声をかける。
「失敗したら、どうするつもりだったんだ?」
と。


何も答えないベントンに対して、上司は去ろうとする。
ドアを開けて部屋を出て行く寸前、

「しかし、何はともあれ、この患者を救ったのは、君だ。
 ・・・よくやった。」


上司が出て行き、一人になったベントンは、
病室でガッツポーズをする。

(結構違うかも。
 DVD借りて、見てください。first seasonの第一話です。)


と、こんなシーンを見て、かっこいいなぁ、と思った。
就くなら、こういう仕事だよな、と一人興奮していた覚えがある。

それを思い出して。
今から医学部に転類しよう!


と、思ったわけではない。

ただ、少しそんなことを思い出した。


今日の練習では、「Y~な」に、「にゃんポーズ」をさせてしまった。
後で反省した。ごめんね。
[PR]
by ton2_net | 2007-08-31 21:08 | その他色々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ton2net.exblog.jp/tb/6378442
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by A井 at 2007-08-31 23:26 x
京都の宿でなんて言ったんだっけ?
Commented by ton2_net at 2007-09-01 21:46
ん?もしかして、あれかな?

現代人のコンセンサスの裏返しこそが、今の教育問題の解決の糸口だという話のことかな?
<< 夏休みラストスパート! 構成的グループ・エンカウンター >>

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
最新の記事
記事ランキング
memo
最新のコメント
>JUN2さん そうだ..
by ton2_net at 13:52
いや、1年くらい前まで有..
by JUN2 at 10:33
以前の記事
カテゴリ