日常アート:お金

e0126903_12435523.jpg

電車に乗っていたら、
向かいの席に500円玉があった。

周りの人は、誰も気づいていない。
なんだか、とても不思議な感じがした。
悪くない、違和感があった。

ただの「もの」ではなく、
お金という「意味」込みの存在が、
普段見慣れない空間に存在することへの
非日常感なのかなと考えたりした。

間も無く、目的の駅について、下車した。
今頃、どこにいるのだろう、
あの500円玉は。

[PR]
by ton2_net | 2016-10-04 12:39 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ton2net.exblog.jp/tb/24698227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ことし読んだ本アワード・2016 「ゆかりの町」になる過程 >>

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ