新しくなったton2net



『スターシップ・トゥルーパーズ』の感想

『スターシップ・トゥルーパーズ』という映画を見た。
感想としては…なんだか感心しないなあ、と思った。
好きな人いたら、すみません。

他の惑星の「昆虫型宇宙人」との宇宙戦争を描いた作品である。
昆虫型宇宙人の攻撃で、ブエノスアイレスが壊滅。
故郷を失った主人公(連邦軍所属)は敵の殲滅を誓う。

自分も主人公と同じ立場に立ったら、同じ行動をする可能性はあるのだが、
立っていない立場から感じた事を書くと、
すごく「やられたら!やり返せ!イェー!!」的な映画だった。

最終的に、敵のボス的存在をとらえて終わるのだが、
(すごく気持ち悪い生物として描かれている)
映画のラストは、そのボスの「分析」ということで、
棒状の機械を、直接ボスの体に突き刺しこんでいました。
拷問的な。
(機械で直接ボスの心理を読み取る、とのことでしたが。)

ボスが苦しみの声を上げる
→みんなも戦おう!勝利が待っている!
 的な兵士募集CM的な映像で終わる…という構図になっていた。

Wikipedia を見ると、
監督いわく「ナチスドイツのプロパガンダ映画のパロディ」とのことだ。


映画では、敵はわかりやすい昆虫の姿をしていた。
相手が、人間でも…、やっぱり同じことをするのかなあ。

「自分を責めて来た人々は、
 (多くの場合、攻撃に参加していない、同じコミュニティの人たちも含まれる)
 人間じゃない」
みたいになるのか。

なんか、その辺りへの言及は無く、
見終わった後、うーんと心にひっかかる感じがした。

…そういうことを考えさせる構成なのか。
そうでも無い気がするが。

とはいえ、ついつい、
最後まで見ちゃったんだけどね。

そういうのを見たい、という気持ちも、
もちろん自分の中にあるのである。

ただ、ちょっと気をつけたいと思った。
何がと聞かれれば難しいけど、
何か、ちょっと、防御線を張ろうと思った。

[PR]
by ton2_net | 2015-11-24 01:00 | その他色々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ton2net.exblog.jp/tb/23901990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 柿の木 "Good pers... >>

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
梅酒がいい感じになって来ている
at 2017-03-11 23:20
SC5期、新年会
at 2017-01-09 23:19
2017年の元旦に感じたこと
at 2017-01-02 01:11
ことし読んだ本アワード・2016
at 2016-12-31 19:19
日常アート:お金
at 2016-10-04 12:39
「ゆかりの町」になる過程
at 2016-08-25 17:51
8月6日の「シン・ゴジラ」
at 2016-08-06 23:15
東京へ
at 2016-08-05 21:48
サラダ記念日
at 2016-07-06 09:01
なんだかんだ尾道
at 2016-06-25 09:14
記事ランキング
memo
最新のコメント
>JUN2さん そうだ..
by ton2_net at 13:52
いや、1年くらい前まで有..
by JUN2 at 10:33
以前の記事
カテゴリ