しめ縄は、一年中

うちで部屋飲みなどをするとき(部屋飲みいいですよね、安いし)、
初めて来る方に住所と部屋番号を教えて、最後に確認として、
「ドアにしめ縄がかかっている部屋ですから、すぐ分かります」
と伝えることにしている。
e0126903_08093534.jpg


しめ縄?とけげんそうな顔をされるが、
一目瞭然なので、「ここかな…?」という不安はなくなるそうである。
理由を聞かれる事は、あんまりない。

お家の宗教上の何かかな…と思われているのかもしれないですね。

でもまあ、強い理由があるというわけではないが、
そうとも言えるか。

「地方の風習」なんですけど、
由来を聞いて「そうだったのか」と思ったので、
「これはいいな」と実践しているわけである。



僕の出身は三重県で、
いわゆる「伊勢神宮圏内」である。

伊勢地方の家は、一年中玄関からしめ縄をとらないことが多い。
(普通、お正月が終わったら外しますよね。)

それが変わったことだということを、
幼少のころはもちろん知らないのだが(みんなつけている)、
高校の数学の先生が余談として話しているのをきいて、
へぇ、と思ったのである。
その話とは、以下のようなものだった。



昔むかし、ある集落に貧しいなりの男がやってきた。
どこでもいいので泊めてもらえませんか…と男は家々を回ったが、
集落のものは、みな適当な理由をつけて断った。

可哀想に思った蘇民将来という人が、
「ま、どうぞ。狭いですけど」と男を招き入れた。
裕福ではなかったが、慈悲深い人だったのである。

翌朝。
丁寧に例を言って、立ち去ろうとする男。
最後に、あ、それでね、とにっこりして男は言う。
「あなたは大変優しいから、お礼をしたいと思う。
 これからは、玄関の前に輪っかをかけて置いてほしい。
 
 そうすれば、先祖代々、力になってあげられると思うから。」

そうなのです。
この男性こそが、かの有名なカミサマ、
スサノオノミコトだったのです!(ジャーン。)


と、いう訳で伊勢地方では、
丸い輪っかになったしめ縄を、一年中外さない。
(輪っかじゃなくても良いという話もありますね。
 昔、高校の先生に聞いたのは「輪っか説」でした。)

何やら文字の書いた小さな札も一緒にあることが多い。
「笑門」などと書いてあるが、実はこれは、
「蘇民将来子孫家門」を縮めた「将門」から来ているのだという。

つまり、伊勢の人は、みんな「子孫だよ」と言い張っているんですね。笑
将来さん、いい人だから他の人に教えちゃったんだなあ。
このあたりからも、お人柄が見えますね。

ちなみに、このしめ縄の効用は「無病息災」と言われています。
そういえば、最近風邪など引いてないなと思う。
この効用かどうかは、わからないけれど。


参考:伊勢市観光協会ホームページ

[PR]
by ton2_net | 2015-11-22 08:03 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ton2net.exblog.jp/tb/23892446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< "Good pers... 電子版もなかなか >>

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
Thinkpad yog..
by ton2_net at 17:16
なに、Yoga。わしも実..
by keno at 22:02
以前の記事
カテゴリ