好奇心と「原人登山」の話

「好奇心」という言葉で連想するのが、
「原人の登山」なのである。


原人の時代なので、登山とかもう頭おかしいとか思われている。
毎日、生きて行くだけで精一杯なのに。
でも、原人はどうしても登りたいと思ってしまう。

きれいな奥さんもいる。
かわいい子どももいる。
仕事も軌道に乗り始めた。
(矢尻作りとかタロ芋栽培とか。)

自分でも馬鹿だと思う。
それでもタロ芋畑から見える、あの山に登ってみたいと思う。
そう思うのは、山の向こうに何が有るのか、見てみたいと思ってしまったからだ。
原人は、海と山にはさまれた集落で産まれた。

みんなその集落で産まれて、その集落で死んで行く。

長老は、祖先は海からやってきたのだと言った。
山をこえたものはいないし、越えようと思うような愚かな人間もまた、
これまで一人もいなかったのだと。


夜明け前、原人は妻や子ども達を起こさないように、そっと家を出る。
かやの家を出るとき、もう一度だけ家族の姿を目に焼き付ける。
家を出て、南に向かう。まだあたりは暗い。

大きな鳥の鳴き声が聞こえた。





…これが「好奇心」という言葉を聞いた時のイメージです。

原人はどうなったんだろう。
ちゃんと山に登れたかな。
山から、何が見えたかな。
無事に帰れたかな。
帰って来て、家族や村の人に何を話したんだろう。

きっと、誰に何を言われても、どう思われても、
もうどうしようもない「衝動」を実行してしまう人が
何かを少しずつ変えて来たんだろうなと思います。
(良い方向とは限らないが。)

どんなに小さくてもいい。
誰に何を言われても、でも自分はこれをしてみたい、と思う何か。

走ることかもしれない。
何かを書くことかもしれない。
絵を描くことだったり、
もしかしたら、子どもを育てることだったりするのかもしれない。

自分の中の、そういう「声」に耳を塞いでしまわないで、
ちゃんと聞く耳を持ちたいなと思う。

それをやるかどうかは別にして。






多くの人々が行き来する道。
海を背にして、採れた海草や魚を運んでいる男がいる。
広い土地で育てた農作物を、海に向かって運んでいる人もいる。

彼らの足下をよく見てみると、高く延びた草に埋もれて、
人々から忘れ去られた小さな石碑があるのがわかるだろう。

そこに書かれている文字は、もう風化して誰にも読むことができない。
あるいはそれは、ここを初めて通った、あの原人の名前だったかもしれない。
[PR]
by ton2_net | 2015-10-21 16:03 | その他色々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ton2net.exblog.jp/tb/23794326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 米はペットボトルに 東京ばな奈「見ぃつけたっ」の話 >>

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
Thinkpad yog..
by ton2_net at 17:16
なに、Yoga。わしも実..
by keno at 22:02
以前の記事
カテゴリ