電子レンジみたいに

高校二年生の今頃、
受験を終えた陸上部の先輩が久々にやってきて、一緒にジョギングをした。
やたら「暖かいなぁ暖かいなぁ」と言うので、
今日結構寒いですよと言うと、
「ばか違うよ。暖房とかじゃなく、
 自分の内側から発熱して暖まる感覚を味わっているのだよ」
と言った。

その先輩はフルカワ君と言って、ものすごくストイックに練習をする人だった。
練習のみならず、「バトル・クールダウン」などと訳の分からない理論を打ち出しては、
「常に勝負する心を持つことだ…」とまことしやかに語っていたフルカワ君が、
ほのぼのとそんなことを言うのがおかしかった。

冬の寒さが緩んで来る今頃に、土のグラウンドなどを見ると、
そういうことがしみじみと思い出されることがあるのだが、
この話から連想して、僕は毎回「電子レンジ」について考えてしまう。
電子レンジの理念というか、仕組みというのは、
実は結構奥深いものなのではないかと思う。

電子レンジは、モノに電磁波を当てて、
モノの中の水分子を振動させてその熱でモノを温めるのだ。
コンロのように外から熱を直接加えるのではない。
モノ自体の内側から細かな振動を引き起こして熱を生み出しているのだ。
夜中に冷凍たこ焼きを温めるぶーんという音を聞きながらそういう事を考えると、
なんだか感慨深いものがあるよね。


…で、別にこの話が何だということは無い。
無いのだけれど、何故か一昨日の3月11日にぼんやりと考えていて、
今もずっとひっかかっている。

なぜだろう。

わからないけれど、「自分で考える」ことをあきらめたくないな、
となんとなくそういう気がしている。

よくわからないけど。
[PR]
by ton2_net | 2014-03-13 18:36 | その他色々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ton2net.exblog.jp/tb/21779891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< スーパーボールすくい 2013年の読んだ本アワードが... >>

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
Thinkpad yog..
by ton2_net at 17:16
なに、Yoga。わしも実..
by keno at 22:02
以前の記事
カテゴリ