「私にとっての博物館」

科学博物館で行われている集中で、
「私にとっての博物館」という課題エッセイが出されました。

人気投票の結果、24作品中栄えある一位に選んでいただいたので、
ここに自慢の意味を込めて掲載します。
(名前公表されなくて誰もほめてくれないんだもん。)

いや、でも非常に嬉しかったです。
KFC+ホワイト餃子+ビールの誘惑に打ち勝ち(結局食べて、一缶飲んだけど)、
書いた甲斐がありました。

おじいちゃんとの良い思い出です。
書いていて、もういないっていうことがちょっと信じられませんでしたね。
では長いですけど、どうぞ。


「私にとっての博物館」

亡くなった祖父の形見として、私は一つの石を持っている。
上品な青をたたえた銀色の光沢を放つこの石を見ると、私はいつも祖父を、
そして祖父が自宅のはなれに作った”石の博物館”を思い出す。

初めてそこに入ったのは、小学生の夏だったと思う。
外の夏の日差しや、蝉の鳴き声とは対照的に、その部屋は暗くひんやりとしていて、
驚くくらいに静かだった。
石集めが趣味だった祖父は、その部屋に実に様々な石をコレクションしていた。
水晶のように透明できらきら輝くものや、エメラルドのようなはっとする緑のもの。
木がそのまま固まったような珍しい石も有った。
その部屋に入った私や、兄や妹は、見た事の無い石の数々に魅了された。
手に取り、裏返したり、撫でたりした。
そんな姿を、祖父は部屋の片隅から終始にこにこと見守っていた。

祖父が亡くなったのは、私が大学に進んでからだった。
寮の部屋で訃報の電話を受け取った私は、翌日のお葬式の時間を確認して電話を切った。
窓の外から、気の早い秋の虫の声がした。
ふと、あれはどこだったろうと思って、祖父の形見の石を探した。
引き出しの中にそれはあった。
最後に祖父に会ったのは病院のベッドの上だった。
別れ際、陽気な祖父が肩を震わせていたのが忘れられない。
でも、その石を見た時に思い出したのは、まだ元気だった頃の、
”石の博物館”館長である祖父だった。
にこにこして、いつも冗談ばかり言っていた祖父は、本当に石が好きだった。
私は、祖父から石の名前や解説を聞いたことは無い。けれども、石を眺める優しい目。
新しく仕入れた石の台を自作する時の真剣なまなざし。
そして、コレクションの中のいくつかを私たちに手渡してくれるときの嬉しそうな表情が、
それを語っていたと思う。

博物館には、形あるものが展示される。
言葉による説明が添えられる。
けれども、良い博物館は、それらを通して、形や、言葉で表せない大きなものを、
来館した人々の心の中に残すことができるのだと思う。
祖父の”石の博物館”のひんやりとした空気や、石に囲まれた空間の独特な雰囲気。
そして何より、そこにいた祖父を、私はありありと思い出すことができる。
展示物の名前なんか、内容なんか覚えてなくたっていい、と私は思う。
画面の向こうや写真に見るのではなく、実物として並ぶたくさんの展示品。
それらに囲まれることによって生まれる独特の空気。
館内のざわめき。
そういうものが、知らず知らず、少しずつ、心の中で私たちの一部に成ってゆく。
私にとっての博物館は、そういうものだ。
祖父が私を作ったし、彼の博物館が私を作ったのだ。
[PR]
by ton2_net | 2010-08-02 22:51 | "言葉” | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ton2net.exblog.jp/tb/13037403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 東医体 懐かしい写真 >>

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
> blancheさん..
by ton2_net at 18:20
>ゆーな でかかったよね..
by ton2_net at 18:03
以前の記事
カテゴリ