新しくなったton2net



指輪物語

「いい物語は人の心を深く広くする。」by 村上春樹
ですが、壮大な、良い物語としておすすめなのがこのトールキンの「指輪物語」です。
e0126903_1514177.jpg

長いので、学生のうちに”一気読み”するのがおすすめです。
映画見てから読むとイメージがわいて読みやすいかもしれませんね。
どういうおはなしかというと。(てきとう)

@ホビット村
フロド(主人公)
「え〜、この指輪、そんなにヤバいの?」
偉い魔法使い
「うん。相当ヤバいよ。っていうか魔王に渡したら世界滅びちゃうよ。」

昔々…
サウロン(魔王:悪いヤツ)
「指輪でも作ろう。できた。
 あ、やべ。本気出しすぎて、自分の持ってる力ほとんどつぎ込んじゃった。」
そして、いろんな種族の偉い人たちにも他の指輪をプレゼント。
指輪もらった人たち
「うわ。これ、すげぇ!なんか色々できるじゃん。」
サウロン(魔王:悪いヤツ)
「(ところがどっこい。これ付けちゃうと、俺のいいなりになっちゃうんだよね〜)」

そして、サウロンの独裁政治が始まってしまった。
反乱がおこったけど、すごい強いので悪戦苦闘。
人間
「あ〜、もう強すぎるなぁ。逃げようかな。
 あ、でもなんかこっち来た。
 斬ってみよう。えい。
 あ、指切れた。」
サウロン
「ははは。愚民どもめ〜。ん?痛て。
 あっ!指輪ねぇ!っていうか指ないじゃん!!あ〜れ〜」
(消える)

人間
「あ、やった。しかも指輪ゲット。」
エルフという種族の人
「それ、ほんまにやばいしろもんですわ。
 近くの火山に放り込んでもやしてまいましょう。」
人間
「いやいや、でもこれもう私のもんですから。」
みんな
「え〜…(どんびき)」

@ホビット村
偉い魔法使い
「というわけで、ちょっと火山まで行ってさ、これ捨ててきてよ。
 あ、そんないやそうな顔しないでよ。
 いい子達、つけるからさ。」

エルフの人
「あ、僕行きます。」
ドワーフの人
「あ、じゃあ僕も」
人間
「私もいきます。」
ホビット数人
「わても。わても。」

みんな、偉い魔法使いの方を見る。
魔法使い
「えっ?あ、じゃあ私も…」
みんな
「どうぞどうぞ。」

かくして、指輪を滅ぼして、世界を救う旅がはじまったのであった。
しかし!

@モルドール(サウロン:悪いヤツの本拠地)
サウロン
「あ〜、やられちゃって今はもう目だけの存在ですわ。(目玉の親父か!)
 指輪さえ有れば元通りなのに。また世界征服したいなぁ。
 というわけであの人達のめっちゃ邪魔します。」

果たして指輪を無きものにして、世界を魔の手から救えるのであろうか?
全9巻の長編、貸し出し可です!
最近ちらっと読み返してみたんですが、すごい話ですね。
なんといってもこの作者、実在しない「エルフ」という種族の
歴史や言語を作ってしまうという恐ろしい人なのです。

プロジェクターで映画も見たいですね。
[PR]
by ton2_net | 2010-06-17 15:26 | おすすめ作品 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ton2net.exblog.jp/tb/12818035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by keno at 2010-06-18 10:58 x
指輪物語は詳しく知りませんが、恐らく神話や伝説から構成されているのでしょう。ドラクエもその延長線上にあるのでしょう。
エルフやドワーフやトロルはずっと昔から伝わる民話など(多分ヨーロッパの北の方の)に登場する妖精で、日本でいえば鬼、天狗、カッパ、オバケのような存在だと思います。

ワーグナーの「ニーベルングの指環」も15時間くらいの異常に長いオペラですが、様々な伝説、神話をまとめ、自分のアイデアを加えて作品を構成すると膨大なスケールになったのでしょうか。

人間、神、自然現象、宗教など、当時の人たちの考え方、生き方、社会を理解し、さらに私たちの人生を考えるにはこういう物語を読むのがいいと思います。


そんなことより、私のオフィシャルブログがいつまでたっても広まらないので、URLを貼って宣伝します。
http://kkmakino.blogspot.com/

ちなみに私は指輪物語は読んだことないし、ニーンベルグの指は見たことないし、書いたことは適当です。
Commented by ton2_net at 2010-06-18 18:20
こんにちは。コメントありがとうございます。
確かに、エルフを創造した訳ではないですね。

ブログ、拝見します。
(本格的ですね…)

適当かい!
<< メッセージ 今、戦っているか否か >>

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
memo
記事ランキング
最新の記事
玄関先で、絨毯を洗う風景
at 2016-05-20 01:17
メカジキ魚骨だしの鍋スープ
at 2016-05-06 20:37
翻訳されても、失われないもの
at 2016-05-05 05:43
Mした、来た
at 2016-05-03 02:00
なぜ
at 2016-04-27 22:39
失われた風景に出会う
at 2016-04-23 17:43
玉ねぎは、元々甘いらしい
at 2016-04-10 22:56
「すばらしい」では足りない。
at 2016-03-31 08:26
A山姉弟
at 2016-03-30 02:00
“トントン拍子”のご紹介
at 2016-03-26 05:52
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ