具体の向こうに

就職活動をしていて思ったのは、blogを書く、と言う事は、とても有意義なことだな、と言う事。
(偉そうなこと言って、進路はまだ決まってないけれど。)

物理学の中に、「コペンハーゲン解釈」という考え方がある。
その中に、
「ものごとは、”観測”した時に観測値としての状態になるのであって、
 それまでは、(波動関数として)すべての物は確率論でしか議論できない」
というような内容がある。

自分の考えもそうで、人に話すにしても、文字に書くにしても、
「形にしてみないとわからなかったこと」があると思う。


今日は、筆記試験と面接@渋谷
つくばに帰ってきてから、いかちゃん主催の「あさひや」飲み。
言いたいこと言って、すごく楽しかった。(いかちゃん、ありがとうね~)
そして、自分の周りにいてくれる人たちの有り難さを思った。

理想と、現実のバランスは難しい。
でも、自分はもっと”具体性”を持たないといけないと思った。
具体の向こうに、理想である抽象を醸し出すことができるのだ。
[PR]
by ton2_net | 2010-04-12 01:14 | その他色々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ton2net.exblog.jp/tb/12465312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 猿が芋を洗う話 Twitter >>

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ