機嫌の良さそうな猫

e0126903_16115052.jpg
家の近所を散歩していたら、
猫が現れた。

(お…。)という感じで見ていたら、
足元で突如、リラックスし始めた。

なんともいい表情だ。
こういう風に生きていきたい。
やはりにゃんこ先生は偉大である。

[PR]
# by ton2_net | 2017-12-10 16:10 | その他色々 | Trackback | Comments(2)

なしのある風景

e0126903_14481817.jpg
秋といえば梨の季節だ。
果物全般好きだけど、
梨はその中でも結構好きな部類に入るように思われる。

学生時代に住んでいた寮が、
大学のほぼ端っこにあって、
その隣が農林センター(?)という巨大な実習場だった。

生物系の友人から、そこで梨が格安で買えるとの噂を聞いた。
「ただし、曜日が決まってるし(たしか平日週二日くらいだった)、
 人気だから早くいかないと売り切れちゃうよ」
とのことだった。

早速、1限の授業がない曜日を選んで、
ちょっと早起きして実習場に足を運んでみた。

ただ、問題は、入り口すらもわからないことであった。
一応周りが木で囲われていて、
道から見ても、中の様子は見えない。

適当に隙間をみつけて中に入ってみた。

木の間を歩くと、やがて開けたところに出た。
驚いたことに、想像以上に広大な土地である。
ただの平地もあれば畑もあり、ビニールハウスも見える。
北海道かここは・・・とびくつきながら歩いてみると、
なんと馬や牛までいた。

結局、30分くらい歩いても梨売り場は見つからなかった。
朝だったからか、人にも一人も会わなかった。

道に出て、よく見てみると、「入り口」と書いた看板があって、
そこから入っていくと、間もなく「直売所」があり、
なんだか拍子抜けした。

梨は確かに安くて(一個50円しなかったと思う)、
そして大きくて甘くて美味しかった。

それ以来、秋になるとちょくちょくそこへ出向き、
たらふく梨を食べた。

あの直売所はまだあるのかな。
懐かしい。

[PR]
# by ton2_net | 2017-10-22 14:48 | Trackback | Comments(2)

展示「和田誠と日本のイラストレーション」

いろいろあった、3連休。
初日の土曜日に、
「たばこと塩の博物館」で開かれている、
「和田誠と日本のイラストレーション」展へ。
e0126903_21261597.jpg
e0126903_21280457.jpg
和田誠さんを中心に、日本のイラストレーターの作品を展示。
点数はそんなに多くなかったけど、
面白い展示がたくさんあった。

たばこ「ピース」の宣伝広告の絵で有名なことから、
「たばこと塩の博物館」でやってるんですね。
(和田さんの絵と、土屋耕一さんのコピーも本当に秀逸で、
 展示を見ながら、つい、ふふっと笑ってしまいます。)

懐かしの、「ゴールデン洋画劇場」のオープニング。
あの絵も、和田さんだったんですね…。

個人的に面白かったのは、
高校の時間割を、全部先生の似顔絵で書いていたもの。
e0126903_21363236.jpg
https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/54969/より

イラストもそうだけど、アイデアが面白いですね~。

ご本人による解説によると、
「時間割が変わるたびにつくりなおしていました。」
「先生全員の似顔が描けないと時間表は成立しないのですから、
 これをつくるために似顔絵修行をしたものです。」
だそうです。

面白いことやろうという当時の気持ちが、
そのまま仕事につながっていっているんだな、と思いました。

10月22日まで。
入場料100円だし、おすすめです。

[PR]
# by ton2_net | 2017-10-09 21:42 | Trackback | Comments(2)

Ooishiです。もはや社会人です。このブログ記事は、私個人にのみ帰属するものです。なぁんちゃって。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
memo
最新の記事
記事ランキング
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ